常念岳(2,857m)〜 蝶ヶ岳(2,677m)
2019年8月25日(日)〜27日(火)2泊3日
1日目(8/25) 一ノ沢登山口→大滝ベンチ→胸突き八丁→常念小屋(泊)
2日目(8/26) 常念小屋→蝶槍→蝶ヶ岳ヒュッテ(泊)
3日目(8/27) 蝶ヶ岳ヒュッテ→まめうち平→三俣→松本→新宿
 今年の夏は常念岳から蝶ヶ岳に決まりました。
 土曜日(8/24)の竹橋(毎日新聞社・西口玄関ロビー)に集合して23時夜行バスで
 8/25日の朝4時半ごろに一ノ沢登山口まで行きます。
 4列シートですが夜行バスは殆ど寝られませんでした。
 25日の朝4時半位に一ノ沢登山口に到着しました。
 準備して5時ごろになると明るくなるから出発しようと言う事になりました。
   「交  通」  新宿南口→竹橋23:00発(夜行バス)→ノ沢登山口4:30着

   「Menber」 Kataさんと私の2名

          第一日目(8/25):一ノ沢登山口〜山ノ神〜大滝ベンチ〜胸突き八丁〜常念小屋
4:40 一ノ沢登山口に到着しました まだ辺りは暗いです
4:52 一ノ沢登山口にあるトイレ
まだ暗いので少し明るくなるまでここで待つことにします。
他の人達も同様に時間を待っているようです。
4:58 一ノ沢登山口にある道標
5:04 そろそろ出発しますが 
5:04 橋を渡ります
5:08 登山道 石がごろごろしています
5:12 登山道 まだピンボケになります
5:21 登山道
5:26 山ノ神に到着しました
5:26 鳥居があります これからの登山に対して山ノ神に祈ります
5:27 山ノ神を出発します
5:33 登山道
5:42 登山道 丸木橋を渡ります
5:59 登山道 左側に沢が流れています
6:04 登山道 岩がごろごろする道を進みます
6:07 登山道 
6:11 ゴゼンタチバナが赤い実をつけていました
6:11 登山道 大きな石がごろごろ
6:28 登山道 沢の横の大きな岩を越えて行きます
6:31 橋を渡ります
6:34 トリカブトが綺麗でした
6:35 道標 大滝ベンチ 標高1,610m
6:34 木に大滝ベンチとありました
6:34 ここで休憩して朝食を頂きます
6:36 道標 常念小屋まで3.6km
6:47 キオン(黄苑)キク科の多年草
6:55 ズダヤクシュ(喘息薬種)ユキノシタ科の多年草 
「ずだ」とは、長野県地方の方言で喘息のこと
その薬になることから、このような名前になった
6:58 登山道
7:03 タマガワホトトギス(玉川杜鵑草)ユリ科の多年草
7:07 登山道
7:28 登山道 
7:30 ヒヨドリバナ(鵯草)キク科の多年草
7:32 サクランボがあるよと言う事です?
7:32 木の階段を登ります
7:37 登山道
7:44 登山道
7:53 登山道
8:14 登山道 水の音がすごいです
8:14 ソバナ
8:19 登山道 丸木橋を渡ります
8:20 道標 笠原沢
8:20 橋を渡った所です
8:23 登山道
8:25 シロヨメナ
8:25 サラシナショウマ
8:28 登山道 今度は沢を右に見て登ります
8:28 オトギリソウ(弟切草)オトギリソウ科の多年草
8:30 コウモリソウ(蝙蝠草)キク科の多年草 葉は三角状矛形
8:33 オオヒョウタンボク(大瓢箪木)スイカズラ科の落葉低木
8:34 トモエシオガマ(巴塩竃)ゴマノハグサ科
8:38 登山道
8:44 登山道
8:49 リンドウ
8:54 登山道
9:01 ヤマハハコ
9:01 登山道
9:02 
9:05 登山道 橋を渡ります
9:06 ソバナ
9:06 ミヤマシシウド 花火のようで綺麗ですね
9:16 シモツケソウ
9:19 登山道
9:20 イブキトラノオ(伊吹虎の尾)タデ科の多年草
9:22 センジュガンピ(千手岩菲)ナデシコ科の多年草
9:24 登山道
9:29 胸突八丁 いよいよこれから大変なんでしょう
          いよいよ胸突き八丁へ
9:45 登山道 梯子を登ります
9:53 登山道
10:02 登山道
10:03 オヤマボクチ(雄山火口)キク科の多年草
10:04 ハクサンオミナエシ(白山女郎花)オミナエシ科の多年草
10:07 マルバダケブキ(丸葉岳蕗)キク科メタカラコウ属の多年草
10:08 チダケサシ(乳茸刺)
10:08 コオニユリ(小鬼百合)ユリ科の多年草
10:04 登山道 フーフー言いながら登ります Kataさん撮影
10:07 登山道
昨夜はバスの中で殆ど寝られなかったのでなんだか頭が少しおかしいです。
10:23 最終水場
10:27 水場はこんな風です
10:27 最後の水場でペットボトルに汲み、飲んで疲れた
体を癒しましたが冷たくて美味しかったです
10:33 最後の水場を出発します
10:37 登山道 またまた梯子を登ります
10:44 登山道 段差が大きいと疲れます
10:52 第1ベンチ あと800m
10:59 登山道 このような階段が多数あります
11:04 登山道 黙々と登るしかありません
11:22 上を見上げると空が綺麗です
11:04 第2ベンチ あと500mです
11:22 カニコウモリ(蟹蝙蝠)キク科コウモリソウ属の多年草
11:29 登山道
11:35 第3ベンチ あと300m 疲れた体で300mもきついです
11:30 登山道 岩のゴロゴロした登山道です
11:38 登山道
11:51 アオノツガザクラ(青の栂桜)ツツジ科の常緑小低木
11:55 ウメバチソウ(梅鉢草)ニシキギ科の多年草 可愛いですね
小さな花ですが疲れた体には癒してくれるのでホットします。
11:57 常念乗越 ワぁ〜着きました
11:58 常念乗越 やっと着きました
11:58 素晴らしい展望です
12:00 常念小屋
16:26 ここに熊が出ましたが写真は撮れませんでした
常念小屋のそばに熊が出ました。
山でクマを見たのは初めてでした。大きい熊でした。
隣の部屋で「クマがいるよ」と言う声がしたので入って行って窓から見るといました。
急いでカメラを取りに戻って撮ろうとしたのですが誰かに石を投げられて
大きな熊は去って行きました。多分小屋の人だろうと思います。
登山客の人も外にいました。
何度か石を投げていましたので何度か出ているのかもしれませんね。
4時まで食堂は解放してくれるので登山客の人と飲んでました。
16:51 夕食

第二日目(8/26):常念岳から蝶ヶ岳のページへ


ホームへ   ハイキングのページへ