*和田〜陣馬山〜景信山
    入門コースミニ縦走
2009年10月18日(日)晴れ

 今日はビギナー組とアドバンス組に分かれての親子山のミニ縦走と言うことで二版に分かれて
 景信山に行くことになった。私はビギナー組のサポーターと言うことである。
 美技なお組は藤野駅8時11分のバスに乗車出来るよう集合する。一方アドバンス組は高尾山口に
 8時30分に集合と言うことである。藤野駅から臨時のバスが出て和田で下車する。
 ビギナー組は総勢29名。和田でトイレなどを済ませて出発する

「交  通」 JR市川駅6:05→お茶の水(乗換)6:27着・6:34発(特快)→高尾駅7:31着
                高尾7:46発(河口湖行き)→藤野駅8:04着

「Menber」親子山ビギナー組・大人15名・子供13名・赤ちゃん1名・計29名
8:32 和田に到着する
8:45 登山口を出発
8:48 白く化粧をした富士山
9:03 コウヤボウキ
9:25 分岐のところで休憩
10:16 階段を登る
10:20 最後の階段を登る
10:23 富士山を望む
出発して休憩の前にOno君が気持ちが悪いので下山すると言う。
まだ登り始めたばかりなので道に迷う事もないという判断で引き返して
もらうことにする。バスに酔ったらしく気持ちが悪いので、本人がこのまま
下りたいと言う。休憩場所に着くと後ろから登ってきた。大丈夫だからとの
事。それからは元気に登って行ったので一安心。
10:47 陣馬山山頂で記念撮影
山頂から雪を頂いた富士山を望むことができる。ここでは休憩のみ。
信玄茶屋に寄ってコーヒーを頂きながらマレーシアのキナバル山に
登ることを聞く。そんな高い山に登られるのに高山病になる話をされた。
そんな方が今残病にかかると聞き私も一安心。頭痛薬は今残病にかかる前に
飲むのが良いそうです。なってからだと効き目なしと言うことでした。
10:47 巣路意馬に見送られて出発
11:08 元気に明王峠に向けて歩く親子
11:29 明王峠に到着
12:11 明王尾峠を出発
明王峠で昼食です。茶屋は空いていました。おじちゃんがなくなられて
おばちゃんも足が悪くなり茶屋が閉まっていることが多くなって私たちも
明王峠を巻くことが多くなっていました。でも日曜日は息子さんが開けると
言ってくれたので又寄る事にしようと思いました。
12:44 景信山に向けて進む親子山
12:58 途中1回休憩を取る

  葉を裏返すと「カンタン」がいました
  すぐ傍で鳴いているようなので
  葉を裏返してみました。
  右の写真はずいぶん前に大菩薩に
  行った時見つけたカンタンです
  羽を広げて鳴いているところを
  写真に撮る事ができました。
景信山に来る途中あちらこちらで【カンタン】が【ルルルルルル】と鳴いています。
[カンタンを聴く会」と言うことでこの時期楽しんでいる会が多くあるほどです。
aidaさんや私もこの景信山を歩く時は楽しみにして歩きます。
その時期だけにしか見られない花や虫の鳴き声など楽しみながら歩いてほしいと
いつも思います。そうすればただ歩くだけよりもっと山が楽しくなると思います。
景信山に到着するとアドバンス組が
到着していました。
早速一緒になって話を聞いたり
ビールを飲んだりします。
青木さんがクリタケを天ぷらに
してサービスしてくれます。
常連さんは帰った後でした。
今日はしたのテーブルで
楽しみました。
15:00 景信山にて
休憩も終わり出発前にアドバンス組とビギナー組全員で記念撮影。
アドバンス組は人数が少なかったようです。
15:07 景信山の直下を下る親子山
15:10 小仏峠・林道コースの分岐
15:40 水場で湧き水を補給
15:44 登山道
16:17 無事バス停に到着
無事何事もなく到着できて
良かったと思います。
途中メールのやり取りを
しながら情報交換をします。
途中Konoちゃんが苦戦
ストライキを起こしてます
なんていうメールも届き
もう大丈夫だと思ってたのに
安定するまでもう少し時間が
必要なのかなと思ったりして。
久しぶりに雪を頂いた富士山を眺めることができてやはり富士山は
白く化粧を施した富士山が良いなあと思いました。
そして陣馬山にも久しぶりでしたが、少し時間が早くて清水茶屋には
常連さんは一人しかいませんでした。景信山は常連さんがいなくて
いつも出迎えてくれる「リー」と「ゲン」の姿もなく少し寂びしい
気がしました。親子山の皆は一人も欠けることなく全員で下山することが
出来よかったと思います。

ホームへ   ハイキングのページへ