*和田峠から陣馬山〜陣渓園
    入門コース・振替トレッキング
2009年5月24日(日)小雨

 今日は前回高尾山・陣馬山に行かれなかった親子の為に振り替え登山として実施する。
 集まった家族は5家族である。あいにくの雨模様となったが、少人数なのでちょうど良い。
 藤野駅で雨具をつけ準備する。ザックカバーを買い忘れたという人も数名いたが小雨なので
 ビニールの袋で代用して出発する。最初は一ノ尾根→山頂→栃谷尾根→下った山麓にある
 鄙びた鉱泉宿「陣渓園」で入浴の予定だったが雨なので一ノ尾根を和田峠に変更する。
 「陣渓園」の入浴料・900円也。私は初めてだが小さいだろうと思い入浴はしないつもりだ。
 写真だけ撮らせて頂こうと思っている。


「交  通」 JR市川駅7:02→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(特快)→高尾駅8:18着
                高尾8:20発(甲府行き)→藤野駅8:33着

「Menber」親子山入門コース 13名・5家族 大人7名・子供6名
9:28 和田峠に到着する
9:38 和田峠を出発する
出発してすぐK君(小1)は「行きたくない」とぐずっている。「帰る」と
立ち止まってしまう。何で行かなきゃいけないのとブツブツ文句を言っている
それでもお母さんが手を引いて緩やかな車道を登る。
最初からこれではどうなるかと少々心配しながら最後からついて行く。
9:54 陣馬山登山口
10:19 休憩後出発する
10:30 雨に洗われた美しい木々の登山道
11:22 休憩 可愛いおにぎりを頂いた
11:30 和田からと上沢井の分岐 あと7km
11:33 休憩後少し遅れて出発する
11:46 小雨降る日は木々の緑が美しい
11:48 マルバウツギが美しい登山道
11:51 山頂直下の階段
11:59 陣馬にはナルコユリが群生している
山頂が近くなるとK君もやっと元気が出て一人先に行く。妹のKoちゃんは
足が痛いとずっと言っている。でも聞いても良くわからない。でももうすぐ
山頂だから頑張ってね。
13:12 雨なので茶屋で記念撮影
陣馬山山頂に着いて昼食となる
ビールとおでんを注文して流水麺
さんの作ったパスタを頂く。
この日は常連さんもいなくて
寂しい茶屋である。昨日来た
のだそうだ。最近はそれぞれ
お勤めがあるらしく会う機会が
なくなってしまった。
私には孫がいないので「おばあちゃん」と
呼ばれることがないので「おばあちゃん」
と言われて少々びっくりしてあわててしまった。
いつも「あざみさん」と呼ばれているので。
「そうだよね。おばあちゃんなんだよね」
でもやっぱり「あざみさん」がいいかな
13:21 やっぱり馬の所で記念写真を撮る
13:22 下山開始
13:26 雨に煙る登山道
13:30 滑らないようにしっかり手を握って
13:56 フタリシズカ
13:57 あっ、ここにも花があったよ
14:03 休憩時間にはお母さん方は情報交換?
14:07 待っててくれて仲良く手をつないで
14:28 どうしたのかな?座り込んでしまった
14:46 休憩を終え出発する
14:51 アッ、アザミの花だ
14:52 美しいアザミが咲いていましたよ
危険でない登山道、広い所では美しい木々の緑、美しい花など楽しんで
ほしいなといつも思う。この時期にしか咲かない花、山でしか見られない花
同じ山でも登る時期によっていろいろ雰囲気が違うものです。
14:59 陣渓園への道
15:01 Kさん親子とお別れ
15:05 陣渓園への道は急な下り坂
15:15 陣渓園の入口で座り込むK君
15:21 女風呂
16:55 藤野までマイクロバスで300円也
17:09 藤野駅
皆が入浴中私はビールを1本飲む
K君も入浴しなかった。
温泉に入るのが嫌だということだ。
温泉からあがって大人は少しビールを
飲み、子供はご褒美のアイス。
マイクロバスで藤野駅まで送って
もらって解散となった。
私は珍しく寄り道なしで帰った。
今日は小雨だったので木々の緑がきれいだなぁと思いながら歩いた。
みんなも緑が美しいと感じたかなぁ?

ホームへ   ハイキングのページへ