陣 馬 山 855m
2008年12月20(土)晴れ


 今年の9月15日に日影から景信山に行ったメンバーで陣馬山へ行こうということになった。
 一人所用で行かれなかったので4名が高尾駅北口に集合した。
 9月23日に陣場山へ行った時は甲州街道のバス停から乗車したが今回は北口のバス停から乗車
 陣馬高原下に到着して身支度をして出発するが、バスの運転手さんが17・18日に雲取に行って来た
 話をして下さった。雪が50p位積もっていたそうだ。携帯で撮った写真を見せて下さったが霧氷が
 美しかった。筋肉痛でと話していた。気をつけての声に送られて出発する。


【交   通】 市川駅7:48発→御茶ノ水8:11着8:15発(中央特快・高尾行き)→高尾駅9:11着
        →高尾駅北口バス→陣馬高原下

【Menber】  Yoさん・Kyuさん・Muさんさんと私の4名

【 コース 】   バス停10:36出発→登山口10:58着→陣馬山12:10・14:46出発→陣馬登山口16:13→藤野駅16:46着→市川
10:36 陣馬高原下バス停
10:36 陣馬街道へ
陣馬高原下でバスを降りるとトイレがある。数グループの人たちが下車しただろうか。
珍しくバスの運転手さんも山登りをすると言うことで雲取山に行った話をする。
今日は山へ行く人は少ないようである。身支度を整えて出発する。
進行方向に向かっていくと「陣馬街道」の指導表があるので右折して進む。
10:58 登山口
10:58 登山道
登山口に到着。まっすぐ進むと和田峠へと向かうので我々は左折して登山道へと
入る。少し下り細い登山道へと入るが杉林になっているので暗い。
木の橋を2階渡り登りになる。
11:07 登山道
11:21 階段
相変わらず杉木立の中を登って行くので展望はない。
そこそこ急な登山道を登って行くと階段があり上り詰めると明るい場所に出る。
落ち葉を踏んで歩き易い登山道を進むが今日は風もなく暑い。
11:35 木の根の張り出した登山道 11:46 指導表のある場所
木の根っこが張り出した登山道を登ると分岐かなと思わせる場所に出る。
指導表があるので分岐ではないことがわかる。ここで小休止。
11:56 分岐
  高尾山・景信山方面 陣馬山の指導表
  がある。前方には団体さんが見える。
12:00 明るい登山道
  冬枯れの雑木林でとても気持ちの良い
  登山道である。空は青く風もなく
  暖かい。

12:08 いい気分の面々
12:09 富士山
素晴らしい登山道で思わず写真でもとカメラの収める。
自然と笑みがこぼれるいい雰囲気の登山道である。
その登山道を登り切ったら見事な富士山が顔を見せるという
ロケーションである。
12:11 陣馬山山頂の白馬の前にて
12:21 ビールでお疲れ様
 陣馬山は初めてというKyuさん。
 白馬の前で記念撮影を終えて
 いつもの清水茶屋に落ち着き
 ビールで乾杯!!
 今日の常連さんはMoちゃんと
 Soさんの二人だけ。みんなに
 会えるかと楽しみにして来たが
 残念だ。
 でもその内Koさんがやってきた。
 一緒に皆でワイワイと飲んだり
 おしゃべりでにぎやかだ。
12:53 南アルプス
14:13 夕暮れの富士山
12:52 金峰山
今日は素晴らしい天気で南アルプスから
金峰山、丹沢方面を望むことが出来る。
夕暮れの風景もまた墨絵のように美しく
いつまでも眺めていたい気持ちにさせられる
14:38 清水茶屋にて
 清水茶屋のおじさんもやっと手が空き
 一緒に記念写真におさまる。
 2時間半あまり茶屋で過ごす。
14:46 陣馬山を出発し落合方面へ下る
14:54 登山道
15:28 登山道
15:42 落合への分岐
15:54 民家が見えてくる
16:11 夕日に映える山を眺めながら舗装道路を下る
民家が見えてくるとふと1軒の民家に立ち寄る。北海道の新鮮な
ものがあり美味しいということである。値段が書いてあるが人はいないので
購入したものは入れ物に入れるようになっている。私は花豆を購入する。今日
採れたものだから水につけなくても柔らかいとのこと。お弁当にいいかな?
16:13 陣馬山登山口に到着
16:19 国指定重要文化財 石井家住宅
16:46 藤野駅に到着
17:07 藤野駅より夕やけ
陣馬山登山口から少し歩くと石井家住宅と立札のしてある家がある。
Moちゃんに案内されて近くまで行くと国指定重要文化財とある。
富士山が爆発した時の「灰」が保管されていて言えば見せてくれるということだが
どうも留守の様である。「新田次郎」の「怒る富士」を読んでいたのでその時爆発
した富士山の灰が大変な量で作物は出来ないし年貢を納めることも出来なく餓えて
亡くなった人も沢山いたということで、箱根はもとより八王子・相模の方面へ灰が
振って来たと書かれていたのでその時の灰なのだろうと想像する。
藤野駅に到着して高尾駅に向かい「あさかわ」に行ってみたが満席で入れなかった。
仕方がないので皆であちこち探して1軒の店に入り反省会となったのである。
             

ホームへ  ハイキングのページへ