陣馬山(854.8m)晴
一ノ尾根〜陣馬山〜陣馬高原下〜山下屋
2018年6月3日(日)晴
 休みが取れたので久しぶりに陣馬山へ行き山下屋へ寄ろうと言う事で
 出かけることになりました。
 藤野駅集合9時と言う事です。
 天気もいいのですが登山する人は少なめでした。
 一ノ尾根を登るので陣馬登山口でバスは下車します。
 のんびりと登山口まで歩きます。
 今日は天気が良いので富士山が見えるのを期待して登ります。
   「交  通」  自宅6:00→バス6:25発→市川駅6:45発→お茶の水(乗換)7:05着7:09発(中央快速高尾行)→
              高尾乗換8:14着8:20発→藤野8:33着9:15発(バス)

   「コース」  藤野バス(9:15)〜陣馬登山口(9:20)〜陣馬山(11:47)〜陣馬高原下登山口(13:58)〜山下屋(14:22)

   「Menber」 Kataさんと私の2名

8:50 藤野駅
8:51 タチアオイ(ホリホック)葵 藤野駅に咲いています
9:21 陣馬登山口
9:23 登山口を出発します
9:24 道標
10:30 ホタルブクロ
9:40 イチゴ 民家から垂れ下がっております
9:42 亀甲竹(亀甲竹)モウソウチクの突然変異種で桿の下部の節間が
交互に膨れて亀甲状になり水戸黄門様が使っている杖がこの竹です
9:42 登山道
9:43 陣馬山登山口
9:50 登山口を出発します
9:53 登山道
10:03 登山道
10:06 道標 陣馬山まで3.4km
10:06 道標 反対側は上沢井0.9km
10:16 登山道
10:20 登山道
10:21 分岐 めおと坂
10:22 道標 めおと坂
10:22 イチヤクソウ(一薬草)ツツジ科
イチヤクソウ属の常緑の多年草
10:30 登山道
10:34 イチヤクソウ そろそろ咲いてるかなと気を付けて歩きます
10:41 一ノ尾テラス
10:41 一ノ尾テラス
10:43 登山道
10:52 登山道
10:58 道標 陣馬山まで1.5km
10:58 反対側は和田から1.2km
10:59 分岐 右側の道は和田からの道です
11:04 登山道
11:19 登山道
11:21 ガが虫に取り付いています
この辺りだけガがたくさん飛んでいました。
ガの好きな物でもあるのでしょうか?
11:25 登山道
11:27 道標 陣馬山まで0.7km
11:17 分岐 右側の道が和田からの道です
11:20 登山道
11:22 登山道 大きな木の所に若い人たちが集まっています
11:24 登山道 ここから急な坂道になります
11:35 ミヤマナルコユリ
11:38 登山道 この坂を登りきると最後の階段が待っています
11:39 登山道 最後の階段です この坂がいつもつらいのです
11:41 フタリシズカ ほとんど終わっているのですが
まだ残っていました
11:42 階段を登ります
11:43 清水茶屋が見えてきました
11:47 清水茶屋に到着しました。
楽しみにしていた富士山は雲の中にすっぽりと顔を
うずめています。
少し雲が動いてくれればと期待したのですが
居座っていて動こうとしません。
最後まで富士山を見ることが出来ませんでした。
陣馬山には3軒の茶屋がありますが清水茶屋・富士見茶屋・信玄茶屋です。
私が行くのは清水茶屋ですが今日は3軒とも利業していました。
12:32 信玄茶屋 沢山の人がベンチで休んでいたりしています
12:33 モンキチョウが花から花へ遊んでいます
12:39 ウマノアシガタ
12:40 タツナミソウ
12:44 梅の実がなっています
12:44 陣馬山山頂
12:45 陣馬山頂から 信玄茶屋には大勢の人 右にはトイレ
12:45 陣馬山頂に立つ道標 857mとあります
12:46 陣馬山山頂
12:46 富士見茶屋 山頂にある茶屋です


12:58 クワの実 黒いのを食べてみましたがまだ早かったです
12:48 
                陣馬高原下バス停に下山
12:49 モミジイチゴ これは美味しく食べられました
12:54 道標 陣馬高原下バス停に向かいます
12:55 登山道 
12:56 登山道 綺麗な木道になっています
12:59 分岐 どちらの道でもいいのですが右に行きます
13:00 道標
13:00 登山道
13:00 登山道
13:04 登山道
13:06 登山道
13:07 道標 陣馬高原下バス停までは2.8km
13:07 反対側は和田峠
13:08 登山道
13:08 道標
13:08 分岐 右の急坂は高尾山・景信山への登山道です
13:09 登山道
13:10 道標
13:10 登山道
13:12 コアジサイ(小紫陽花)アジサイ科の落葉低木
13:12 コアジサイ コアジサイは日本で唯一、香りがあるアジサイ
コアジサイに出会えて嬉しくなりました。
群生しているんです。
ここのコアジサイは白っぽいのですが、淡いブルーの物もあるのですよ。
良い香りがします
13:12 コアジサイ
13:13 登山道
13:19 コアジサイ とても美しいです
13:21 コアジサイの群生
13:21 コアジサイを大きくしてみました
13:24 登山道の真ん中にコアジサイが咲いています
13:24 登山道
13:31 道標
13:32 登山道
13:34 ウリノキ(瓜の木)ミズキ科 
6枚の花びらが外側に強くそり返るのが可愛い♪♪
13:39 登山道
13:48 ハナイカダ 青い実になっていました
13:55 登山道
13:58 登山口に到着しました
13:58 登山口に立つ道標
13:59 登山口 我々は下の細い登山道を来ました
14:11 マタタビ 蕾が出来ていました
14:19 チダケサシ(乳茸刺)ユキノシタ科
14:22 山下屋さんに到着しました
14:22 陣馬そば ヨモギやイカリソウを使っているそうです
今日は雨なので大丈夫だろうと思い予約は入れておりません。
「半年くらい来なかったね」と言われました。
昨年の5月に来て以来と言う事になります。その時はコースのお料理をお願いしていたのですが
今日は見繕って出して頂きました。
山椒のおつまみとふきのおつまみを出して頂きましたが美味しかったです。
離れのようになっていてそちらでも食べられるようです
アユの天応ら
陣馬そば
真っ赤な花が咲いているのですがバラのようですが
バラではないようです
すぐそばがバス停なので食べに来るだけの人もいるようです。
16:20発のバスに乗車します。
今日は富士山には会えなかったけど沢山の【コアジサイ】に会えました。
イチヤクソウにも会う事が出来ました。

ホームへ   ハイキングのページへ