陣 馬 山 854.8m
一の尾根〜陣馬山〜明王峠〜大平小屋〜相模湖
2013年8月25日(日)雨のち曇り


 昨日Koikeさんから電話があり「明日は歩行会なので9時に高尾駅北口に集合」と言う
 事でしたので「伺います」と返事をしました。
 家を出るときポツポツと雨が降ってきましたが空を見ると明るいので大丈夫だろうと思い
 バス停に向かいました。
 いつものように30分前には高尾駅北口に到着しました。
 待っていると久しぶりにHagiさんに会い「高尾ビアマウント」へ行くという事でした。
 今日の歩行会はHosoさんとSaiさんでした。
 景信山の茶屋は開けないという事なので【陣馬山】にしましょうという事になりました。
 Saiさんの到着を待て藤野駅に移動します。藤野駅には今日は2台タクシーがいてすぐ
 乗る事が出来ました。

 【 交 通 】 JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(中央特快)→高尾駅8:18着 9:05発→ 藤野駅9:18着
 【 コース 】 一の尾根登山口9:37→陣馬山11:36着・13:03発→明王峠13:41着・13:54発→大平小屋14:29着
             大平小屋14:40発→相模湖15:34着

 【Member】 Koikeさん・Hosoさん・Saiさんと私の4人 下山はJyoさんとKiちゃんの6人

6:39 酔芙蓉 バス停に行くと酔芙蓉が咲いていました
白は朝咲き濃いピンクは咲き終わった花です
8:37 ギンミズヒキ 高尾駅に咲いていました

           一の尾根登山口から陣馬山まで 約2時間でした

 バス停に着くと酔芙蓉が咲いていました。【酔芙蓉】は朝はまっ白い八重の花が咲き昼ごろには
 薄いピンク色に変化して夕方には濃いピンク色に変化していく花です。
 お酒を飲んでピンクに染まる事から【酔芙蓉】と名付けられたようです。
 芙蓉の花は知っていましたが【酔芙蓉】を見たことがなかったので花屋さんで取り寄せて
 もらいました。【風の盆恋歌】と言う本に出てくる花なのですがその本を読んで【おわら風の盆】を
 見たくなりその年はちょうど会社も休みだったので富山県富山市八尾へ行きました。
 その時ある女性の一人が【風の盆恋歌】を読んで来たくなったというお話をしていました。
9:35 ここまでタクシーで入ってもらいます 傘をそして登ります
9:37 一の尾根登山口 タクシーを降りてわずか2分で登山口です
9:39 登山道
9:42 登山道
9:46 登山道
9:50 登山道
9:52 登山道
9:59 キノコ 傘の部分にとげとげがあります
10:04 登山道
10:07 登山道
10:10 登山道
10:15 めおと坂 左に下ると桐花園20分
10:09 シロバナツリガネニンジン(白花釣鐘人参)
10:18 登山道
10:20 シラヤマギク(白山菊)キク科 シオン属の多年草
10:22 登山道
今【シラヤマギク】があちこちで咲き始めました。
まだ花は小さいですがこれから咲く事でしょう。
10:23 オヤマボクチ(雄山火口)キク科の多年草
葉の裏の繊維をお湯でゆっくりもどすとこれが、
蕎麦の繋ぎになるのだそうです
10:26 登山道 雨は上がったようです
10:30 登山道
10:30 登山道
10:33 登山道
10:35 登山道
10:36 登山道
10:37 登山道
10:37 シラヤマギク
10:37 シラヤマギクの葉
下部につく葉は長さ約9〜24センチで幅約6〜18センチの細いハート形
狭いひれがついた長い柄があり、ふちに粗い鋸歯がある
上につく葉ほど小さく、柄も短い
10:46 登山道
10:49 オケラ(朮)キク科オケラ属の多年草 花が咲くのはまだ先です
10:53 分岐 和田1.2km 陣馬山1.5km
10:53 登山道
10:57 登山道
11:05 登山道
11:08 登山道
11:12 分岐 和田1.8km 陣馬山0.7km
ここまでくれば陣馬山はもうすぐです
11:12 登山道
11:18 大きな桜の木がありこれから少し急坂になります
11:19 急坂ですがいろいろ花を見つけながら歩きます
11:21 登山道
11:22 登山道 この坂を登りきれば陣馬山への階段が待っています
11:23 キバナアキギリ(黄花秋桐)シソ科アキギリ属に分類される多年生
11:24 登山道 この階段を登りきると山頂に着きます
11:26 シモバシラ 少し遠くの方に咲いています ピンク色です
11:29 ツリガネニンジン(釣鐘人参)キキョウ科の多年草
11:32 ツルニンジン(蔓人参) キキョウ科の多年生つる草
11:33 ツリガネニンジン 階段わきに沢山咲いていました
11:33 アザミ アザミにも沢山種類があるようです
11:34 シロバナツリガネニンジン
11:34 葉 3〜5枚あるようです
11:36 センニンソウ(仙人草)キンポウゲ科センニンソウ属の 多年草
12:45 キハゲハ 前翅の付け根が黒くなっているが
普通のアゲハでは縞模様になっている

 清水茶屋について「こんにちわ」と声を掛けるとおじさんが出てきて「雨が降るので
 人が来ないだろうからどうしようと思っていた」という事でした。
 しばらくするとJyoさんとKiちゃんがやってきました。
 和田から登って来たという事です。今日は私たちは少し早いペースで来ました(2時間)
 清水茶屋には常連さんの姿はありませんでした。
 雲の流れが速くさっき見えていた山脈は一瞬で見えなくなりました。
11:38 山脈 一瞬ガスが切れて山並みが現れました この後は真っ白
12:35 清水茶屋にて JyoさんとKiちゃんもやってきました
12:45 陣馬山山頂 854.8m
12:47 オトギリソウ(弟切草)オトギリソウ科の多年草
12:48 ゲンノショウコ(現の証拠)フウロソウ科の多年草
13:01 清水茶屋を出発します
13:03 陣馬山山頂を通過します
13:03 下山開始です
13:04 登山道 滑らないように注意して下山します
13:05 登山道
13:08 登山道 上に行くと栃谷方面に行きます
13:07 登山道
13:06 シモバシラ 花が枯れて茎だけ残り寒い冬になると→→→
シモバシラの氷華 このような自然の芸術作品が見られます
シモバシラも咲き始めたばかりですのでこれから登山道のあちこちで見られることでしょう。
シモバシラは、茎が枯れても根から水分を吸い上げてその水が茎から溢れ出て、気温が氷点下に
下がる冬場には、美しい氷の結晶を作ります。
天気と温度に左右されるので今年はいつごろ見られるでしょうか?
楽しみです。
13:12 登山道
13:13 登山道 ガスが下まで降りてボーとしてます
13:19 登山道
13:23 登山道
13:25 登山道 巻道と本道の合流地点
13:28 登山道
13:29 登山道
13:33 分岐 奈良子峠 右下へ行くと陣馬高原キャンプ場
13:33 ヤブラン(藪蘭)スズラン亜科ヤブラン属に属する多年草
13:34 登山道
13:35 登山道にはヌスビトハギが沢山咲いています
13:38 登山道
13:40 この坂を登りきれば明王峠です
13:41 明王峠に到着しましたが誰もいません
           陣馬山から明王峠まで 約38分でした
明王峠は雨なので開いていませんでした。
トイレ休憩と水補給で少し休憩しました。
13:54 明王峠を出発します 滑らないように注意が必要です
13:56 登山道 階段を下ります
14:03 石投げ地蔵のある所です 合掌
14:04 登山道
14:05 モミジガサ(紅葉笠)キク科コウモリソウ属の 多年草
モミジガサの葉 若い時は山菜として食べられます
14:06 登山道
14:07 登山道 林道に出ます
14:08 林道を直進します
14:10 登山道
14:14 登山道 
14:15 分岐 右は吉野・奈良本への登山道です 直進します
14:16 分岐 右へ行けば矢ノ音です
14:17 登山道
14:21 登山道
14:22 ヤマホトトギス(山杜鵑)ユリ科の多年草
14:21 フジカンゾウ(藤甘草)マメ科の多年草 茎は高さ0.5〜1.5
14:21 フジカンゾウの葉 葉は5〜7小葉からなる奇数羽状複葉
14:25 ヌスビトハギ(盗人萩)マメ 科ヌスビトハギ属の多年草
14:25 ヌスビトハギの葉 三出複葉
14:27 ノブキ(野蕗)キク科の多年草 葉がフキ(蕗)に似ている
14:28 キンミズヒキ(金水引)バラ科の多年草
14:29 大平小屋に到着しました 水分補給します
14:40 大平小屋を出発します
         明王峠から 大平小屋まで  35分でした
           陣馬山から大平小屋まで1時間26分でした
14:43 登山道
14:45 タマアジサイ
14:48 ミゾホウズキ(溝酸漿)ゴマノハグサ科の多年草
14:48 登山道 キンミズヒキとヌスビトハギの登山道
14:49 マツカゼソウ(松風草)ミカン科マツカゼソウ属の多年草
14:54 登山道
14:56 登山道
15:00 沢を渡ります
15:03 林道に出ました
15:04 ガンクビソウ(雁首草)キク科の多年草
15:15 ゲート 登山口に着きました 合掌
15:20 ガード下をくぐります
15:34 相模湖駅のそばのかどや食堂に到着しました

 かどやさんにはいつもの常連さんがいませんでした。
 あちこちで秋祭りが行われているようです。
 これからお祭りに行くのだという事で早々に
 引き揚げて行かれる人もいました。
 私達もあまり遅くならないように引き上げることに
 しました。
 今日は雨もひどくならなくて良かったです。
 登山道には「ヌスビトハギ」「フジカンゾウ」
 「ガンクビソウ」「やぶらん」「ノブキ」などが
 沢山咲いていました。

ホームへ   ハイキングのページへ