陣 馬 山 854.8m
一の尾根〜陣馬山〜相模湖
2012年12月12日(水)晴れ

 高畑山から倉岳山を歩く予定で出かけたのですが、一人が前日忘年会で午前様になった
 とかで陣馬山に変更になりました。
 そこで藤野駅に向かい平日は9時台のバスがないのでタクシーで登山口近くまで入ります。
 とても良い天気で風もなく暖かなので上着を脱いで歩くことにしました。
 相変わらず平日の山登りは静かで山頂に着くまでの間に会ったのは一人だけでした。
 期待したシモバシラの華は小さなもので沢山はありませんでした。

 【 交 通 】 JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:27着 7:30発(中央快速)→高尾駅8:34着 8:46発→ 藤野駅8:59着→タクシー
 【 コース 】 一の尾根9:25発→陣馬山11:25着・13:56発→明王峠14:39→大平小屋15:27着→相模湖駅16:21着
 【Member】 AidaさんとKoikeさんと私の3人
           一の尾根から陣馬山へ
9:25 タクシーを降りて登り開始です
9:27 登山口 タクシーは登山口近くまで来てくれます
9:32 登山道
9:37 登山道
9:39 登山道 
9:43 登山道
9:44 上沢井(0.9km)からの合流地点
9:50 登山道
この登山道は登りがあったら平らになり、また登りになり平らになりの繰り返しです。
ずっと登りっぱなしと言うわけでないので初心者や体力に自信のない人など歩きやすい
登山道です。ゆっくり歩けばいろいろ花や鳥を見つけることもできます。
9:51 自然林が明るくて気持ちが明るくなります
9:54 富士山が木の間からくっきりと見えています
9:57 ご老人が前を歩いています 会ったのはこの人だけでした
9:58 桐花園からの合流地点です
10:03 自然林の道を枯葉の音を聞きながら登ります
10:07 紅葉がまだ少し残っていました
10:08 まだ紅葉の残る気持ちの良い登山道です
10:20 杉林です
10:23 この坂をAidaさんがスズキ坂と名付けました
10:24 坂を上ると富士山を望む事が出来ます
この場所の事は以前に下記の通り書きましたが、懐かしい場所です。
この場所は私達二人が【親子山】と言って親子で山に登るというグループに所属して
サポーターを務めていた時に、ある子供が「行かない」と言いだして坂を下って行き
説得するのに大変だったことがあります。ここに来るとその時の事が思い出されます。
今その時の子は山に登っているでしょうか。
今、親子山は解散しましたので会う事はありませんのでわかりません。
他の数人の親子の方々とは今でも山で会う事はあります。
でも子供たちも学校の行事やクラブや習い事などで忙しくなりなかなか会う事は難しくなって
来ました。餅つきがあると来てくれたりするのでとても嬉しいです。
10:30 水分だけ補給してすぐ出発します
10:32 コウヤボウキ 薄いピンクに染まっていました
10:37 和田からの合流地点で1.2kmです
10:37 指導表 陣馬まで1.5kmです
10:37 私達はまっすぐ来ました 右は和田からの登山道です
10:39 登山道わきに小さなシモバシラの華がありました
10:42 平らな登山道です
10:56 北側には霜柱が出来ています
10:56 霜柱
11:01 和田からの分岐です 陣馬山0.7km 和田1.8km
11:01 指導表
11:05 4分ほど休憩して出発します
いつもここで休憩します。
夏は風の通り道になっているらしく涼しくて気持ちが良いのです。
ここまで来るとあと少しで陣馬山に着きます。
11:10 最後の上り坂になります
11:11 登り坂が少し続きます
11:16 急坂が終わると杉林の登山道です
11:18 ここから階段になります
階段の左側は草が刈り取られていました。
中に入れないようにロープがあります。このロープの中には沢山の花が咲くので
きつい階段ですが花やシモバシラの華を見ながら歩くので楽しみです。
先週陣馬山には大きなシモバシラの華があったと言う話を聞いていたので楽しみに
登って来たのですが少し期待はずれでした。
11:19 階段
11:22 シモバシラの華
11:22 シモバシラの華
11:22 シモバシラの華
11:25 清水茶屋に到着しました
11:27 先ずは富士山でしょう
11:29 南アルプス
11:29 富士山
清水茶屋に着くとお客さんは一人もいませんでした。
富士山が今日はすっきりとしています。南アルプスも見えています。
私達が着いてからMoちゃんたちが登ってきました。その後Naさんが到着です。
いつもの事で銀杏を炒って下さったりご自分で作った蒟蒻を差し入れて下さいます。
陽が当たっていると暖かいのですがいったん雲に隠れると寒いです。
帰ろうかなと思っていたら清水茶屋のおじさんが味噌汁を作って持ってきて下さいました。
清水茶屋は工事をしていて何を作っているのか聞いたら厨房だそうです。
色々規則があり面倒だという事でした。
12:59 陣馬山山頂 人は少ないです
13:43 味噌汁です
13:43 いつものメンバーです
13:54 醍醐丸 867m 生藤山990mから茅丸1019m、連行峰、
醍醐丸を通り陣馬山へ来たことがあります
           陣馬山から明王峠へ
皆と別れて相模湖へ下ることにします。
先ず明王峠を目指します。
Naさんは明王峠の階段を作ったりいろいろボランティアで整備したりしています。
最近明王峠は店を開けていないのが残念です。
お兄さんはお勤めもあるので大変なんでしょうが、開いているとお話もできるのですが。
13:55 珍しく写真を撮ることにしました
13:55 記念写真
13:56 陣馬山を下ります
13:57 登山道
14:00 分岐です 明王峠方面に下ります
14:01 シモバシラの華 登山道の下の方にありました
14:02 シモバシラの華
14:02 シモバシラの華
14:02 シモバシラの華
14:08 登山道
14:09 明王峠まで1.5km
14:10 登山道
14:16 登山道
14:20 登山道
14:25 登山道 左に折れると明るい登山道です
14:29 登山道
14:30 奈良子峠 明王峠0.4km
14:32 登山道 日が当たらないところは霜柱があります
14:39 明王峠です
14:46 明王峠からの富士山は雲の中
           明王峠から相模湖へ
14:50 明王峠を後にして下ります
14:52 階段を下ります
14:57 前方には紅葉の名残があります
14:59 石投げ地蔵の所を下ります
15:03 林道に出ますので横切って直進します
15:07 登山道
15:12 分岐 右に行くと吉野バス停へ行きます
15:14 登山道
15:23 登山道
15:27 大平小屋 水分補給します
15:32 登山道 貝沢コースへ下ります
15:42 登山道 細い登山道です
15:48 登山道
15:51 沢を渡ります
15:54 林道に出ました
16:04 貝沢登山口です
16:05 貝沢
16:05 上の道を進みます
16:09 民家の間を通ります
16:13 民家に紅葉した木がありました
16:14 落ち葉が綺麗です
16:21 相模湖駅です
16:22 相模湖に下ればかどや食堂でしょう
16:37 店内
16:37 店内

 久しぶりのかどやです。
 しばらくぶりにボーイちゃんと会う事が出来ました。
 ボーイちゃんはドイツの方で日本の女性と結婚していて
 先日もドイツに行って来たそうです。
 ドイツのお母さんから送られてきた「サラミ」をご馳走
 してくれました。
 常連さんも久しぶりでした。
 以前一緒に山に行ったこともあるUtuさんもやってきて
 来週倉岳山へ行く話がまとまりました。
 楽しみです。

ホームへ   ハイキングのページへ