陣 馬 山 854.8m
一の尾根〜陣馬山〜景信山
2012年11月21日(水)晴れ

 16日(金)に陣馬山を歩き今日も陣馬山ですが、景信山へ足を延ばし小仏バス停に下ることにしました。
 一の尾根を歩いて16日(金)に来た時より紅葉・黄葉が綺麗に色づいていました。
 今日も晴天で気持ちの良い山歩きが出来ます。
 平日歩くのは本当に静かです。勤めているときは土・日・祭日しか歩く事が出来ませんでした。
 黄葉を愛でながら静かに山を歩くのは本当に良いものです。

 【 交 通 】 JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:27着 7:30発(中央快速)→高尾駅8:34着 8:46発→ 藤野駅8:59着→タクシー
 【 コース 】 一の尾根9:29発→陣馬山11:17着・13:09発→明王峠13:59→景信山15:19着→登山口16:13
 【Member】 Aidaさんと私の2人
           一の尾根から陣馬山へ
陣馬山より丹沢方面から南アルプスを望む
5〜6枚をつなげたので色が変わってしましました。
富士山は風が強いのでしょう。雪煙が上がっていました。
9:27 タクシーを降りて登り開始です
9:29 登山口から見ると16日より紅葉が進んでいました
9:29 登山口
9:50 登山道でリンドウが出迎えてくれました
9:55 登山道 黄色い木が多いです
9:58 めおと坂 桐花園からの合流地点です
10:00 黄色く色づいた木が多くなりました
10:01 ダンコウバイが黄色くなっています
16日(金)に来た時より黄葉がすすみ心和ませてくれます。
こんな美しい山を静かに歩けることは本当に幸せです。
山を下って来る人、登って行く人に一人も会いません。
10:03 自然林が明るくて気持ちが明るくなります
10:07 赤く色づいた木がありました
10:08 陽に照らされたモミジはとても美しいです
10:14 登山道
10:22 登り坂を上ると平坦な所に出ます
10:23 富士山
この場所は私達二人が【親子山】と言って親子で山に登るというグループに所属して
サポーターを務めていた時に、ある子供が「行かない」と言いだして坂を下って行き
説得するのに大変だったことがあります。ここに来るとその時の事が思い出されます。
今その時の子は山に登っているでしょうか。
今、親子山は解散しましたので会う事はありませんのでわかりません。
他の数人の親子の方々とは今でも山で会う事はあります。
でも子供たちも学校の行事やクラブや習い事などで忙しくなりなかなか会う事は難しくなって
来ました。餅つきがあると来てくれたりするのでとても嬉しいです。
10:28 リュウノウギク
10:33 和田からの合流地点です 和田まで1.2kmです
10:49 登山道
10:52 和田からの合流地点で1.8kmです ここで飲み物休憩です
10:58 登山道は木の根の張り出しています
11:06 急な上り坂の所にありました
急な上り坂ですが、色々な花が咲いて楽しませてくれるので意外に急登が気になりません。
この綿毛があるのもそんな所です。でも16日に登った時は気が付きませんでした。
どんな花が咲いていたのでしょうか?葉はダンコウバイの葉によく似ているのですが・・・・
来年の今頃ここを登るとき気を付けて見る事に致しましょう。
11:15 階段の途中にきれいな紅葉が見られます
11:16 階段を登ると陣馬山の清水茶屋に着きます
10:54 清水茶屋

清水茶屋に着くとお客さんは一人だけでした。
水曜日は常連さんが来ると聞いているのでお会い
できるかと楽しみに登ってきました。
今日も富士山、南アルプス、丹沢の山々が
美しくくっきりと姿を見る事が出来ます。
しばらくすると常連さんが二人やってきました。
その後一人見えました。
本当に久しぶりにお会い出来ました。
皆さん、お元気そうで何よりです。
11:21 富士山 風が強いのでしょう 雪煙が上がってます
11:21 南アルプス
11:42 Moちゃんのつけた白菜づけ
13:05 久しぶりにお会いした常連さんたちです
Moちゃんはワラビを採れば料理して、山椒を採れば佃煮にして持ってきて食べさせて下さいます。
とても美味しく調理していらっしゃいます。「売ったら良いのに」と言ったことがりましたが商売に
なるくらい美味しいです。今日の白菜もちょうど良い食べごろで美味しかったです。
こんにゃくも自分で作りピリ辛にして頂きました。
いつも美味しい物を作ってきて下さいます。以前は写真も良く撮っていらっしゃたのに最近はあまり
撮られないようです。花も教えて頂きました。
もう一人のNaさんは明王峠の登山道の修理をしたりあちこちの補修をしたりしていらっしゃいます。
           陣馬山から明王峠へ
13:09 陣馬を出発します 景信山まで足を延ばすので早めに出発です
13:10 陣馬山山頂です
13:14 名前のわからないアザミです
13:14 この花も良くわかりません
13:20 リンドウ この前と同じ所に咲いてました
13:22 登山道 陣馬高原下から来るとこの登山道を歩きます
13:22 明王峠、景信山方面と栃谷方面の分岐です
13:27 登山道
13:33 登山道
13:43 巻道から木T明るい登山道です
13:44 リンドウ
13:46 登山道
Moちゃんから「巻道を行くと大きな林道があるよ」と言われていたので注意して歩いてました。
山側ばかり気にしていたのですが谷側にきれいなリンドウを見る事が出来ました。
日当たりが良いので綺麗に開いて咲いていました。
13:49 奈良子峠
13:56 登山道
13:59 この坂を上れば明王峠です
13:59 明王峠 3〜4人の登山客が休んでいました
           明王峠から景信山へ
14:02 茶屋も休みなので水分補給だけして出発します
14:03 登って来る人が数人います
14:07 登山道
14:10 底沢峠
14:12 分岐を景信山、小仏峠方面へ進む
14:12 景信山・底沢、相模湖への分岐
14:12 登山道
14:13 見晴らし 大岳山と御前山
14:13 登山道 とても気持ちの良い登山道です
14:16 紅葉している木がありました
14:16 登山道
14:20 登山道
14:22 登山道
14:24 登山道
14:27 道標
14:27 この右側の急坂を上ると堂所に行かれます
14:30 登山道
14:32 道標 景信山、陣馬山、巻道を示す道標です
14:32 巻道を進みます
14:41 白沢峠跡地 巻道へと進みます
14:41 白沢峠跡地から巻道へと進みます
14:44 登山道
久しぶりに陣馬山から景信山の道を歩くので感覚的に違和感を覚えます。
以前は景信山から下って明王峠へ歩いたことがよくありましたが、逆のコースへと歩くと
どこを歩いているのだろうかと思う事がよくあります。
今回は久しぶりなので尚更です。
14:48 鉄塔の所に着きました
14:54 登山道
2007年1月7日にHaさんと二人で小下沢から入山したことがありました。
その時鉄塔の所へ這い上がるような急登を登ってたどり着いたのがこの登山道でした。
その登山道を右に歩く人、左に歩く人がいました。「此処はどこ?」という感じでした。
歩いている人に聞くと景信山・陣馬山に行く道だと教えられてようやく納得したことがありました。

少し進むと紐が張られています。以前にはなかったのですが植生中なのかもしれません。
14:59 登山道
15:00 登山道
15:05 登山道
15:07 右側の開けた明るい場所に出ました
15:09 夏鳥の案内板 ここはよく通ったところです
15:10 分岐 小仏峠・景信山と言う新しく道標が出来ていました
15:12 登山道
15:15 登山道
15:18 景信山山頂直下の登山道
15:19 景信山山頂に着きました
平日なので景信山の茶屋は営業していません。誰一人として登って来る人はおりません。
平日に来ることがないのでだれ一人いない景信山は初めてです。
でも綺麗に紅葉した木々が迎えてくれました。
お腹もすいてないので水分補給をして高尾へ下ることにします。
15:21 誰もいない景信山です
15:23 紅葉が出迎えてくれました
15:25 紅葉と青木茶屋です
15:32 青木茶屋を出発します
15:33 今一度振り返ります
15:33 景信山を後にします
15:37 いろはの道を下ります
15:38 スミレが咲いています 陽がよく当たるのです
15:54 登山道
16:13 登山口に到着です
久しぶりに陣馬山から景信山へ歩き、こんなに時間がかかったかしらとか
こんな登山道通ったかしらとか、これを登れば景信山に着くかなと思って登ると
違っていたりとかありました。景信山から陣馬山ではそのような錯覚を起こすことはありません。
同じ道でも逆方向になると全然違って見えるものです。
静かな美しい道を歩けたことはとても良かったと思います。
又来週の日曜日は【餅つき】で景信山に登ります。
また、そこで元親子山の子供たちに会えるのが楽しみだし、たくさんの人にお会いできるのが
楽しみでもあります。

ホームへ   ハイキングのページへ