陣 馬 山 854.8m
和田〜陣馬山〜相模湖
2012年9月30日(日)曇り・雨

 昨日裏磐梯から帰って来たばかりですが、今日は月1回の歩行会の日です。
 台風17号が関東地方を直撃と言う予報ですが、朝起きると晴れています。
 中止の連絡もないのでいつものように出かけることにしました。
 電車は順調に動いています。でも高尾駅に着くと午後から特急は中止や遅れる可能性が 
 あるので早目の帰宅をアナウンスしています。
 それでも登山の格好をした人が結構いました。Mizuさんご夫婦も高尾駅でお会いしました。
 9時集合だったのですが1人遅れるという事です。景信山では茶屋は開けないという事なので 
 陣馬山に行く事にしました。早く下山してこなければいけないので藤野駅に向かいます。
 ちょうど9:45分発のバスに間に合いました。
 最短距離で行ける和田から登ることにしました。

 「交  通」 JR市川駅7:02発→お茶の水(乗換)7:24着 7:25発(中央特快)→高尾駅8:18着 9:27発→ 藤野駅9:40 9:45発(和田行バス)→和田
 【 コース 】 和田10:03 10:09発→陣馬山11:55着・13:35発→明王峠14:15・14:19発→相模湖15:53着
 【 Member 】 Aidaさん・Koikeさん・Hosoさん・Saitさんと私の5人
10:03 和田バス停に到着しました
10:09 和田バス停を出発しまし
10:23 車道歩きが17分ほど続きます
10:27 登山口の到着しました
この道もずいぶん歩いてないです。
親子山のサポートをやっているときはときどき歩いてましたが、最近は歩いていませんでした。
親子山で歩いていたときはこの道で「行きたくない。もう帰る」と泣かれたこともありました。
そんなことを話しながら歩いているとずいぶんたくさんの小さな蛇の抜け殻がありました。
こんない抜け殻があるという事は蛇がいるのではないかと不安が広がります。
10:27 陣馬山登山口
10:27 登山道
10:27 ヒガンバナが咲いています
10:29 登山道
今年の夏が暑かったのでヒガンバナも遅れているようです。
今年は赤・白・黄色のヒガン花を見る事が出来ました。
10:31 登山道
10:34 センボンヤリ
10:35 シラヤマギク まだ小さいです
10:36 登山道
10:36 クルマバナ(?)
10:37 登山道
10:39 道標 陣馬山へ1.8km
10:39 登山道
10:41 登山道
10:44 登山道
10:48 登山道
10:50 カシワバハグマ(キク科)
10:52 登山道
10:54 白いキノコ キノコが沢山出ています
10:54 登山道
10:56 キバナアキギリ(シソ科)
10:57 登山道
10:59 オクモミジハグマ(キク科)
11:01 キノコ
11:02 親子かしら?
11:02 登山道
11:04 切れ目の入ったキノコ
11:05 登山道
11:07 登山道
今、たくさんのキノコがありますが、毒キノコなのか食べられるのか全然わかりません。
白いキノコが多く目に着きますが、名前は全然わかりません。
11:09 登山道
11:10 ガンクビソウ(キク科)別名:キバナガンクビソウ
11:13 カエル 雨が近いので出てきたのでしょうか
11:14 登山道
11:15 シモバシラ(シソ科)
シモバシラの華 2012年1月8日撮影
今登山道には沢山のシモバシラが咲いています。
この花が終わり茎も枯れてしまいます。地中から吸い上げられた水が、シモバシラの枯れた茎から
吹き出してそれが夜間の寒さで凍ってできるのです。
色々な形を作って氷の芸術作品です。高尾山・景信山・陣馬山で沢山見られます。
冬が楽しみです。
11:15 シモバシラ
11:19 登山道
11:24 キバナアキギリ
11:26 登山道
11:28 和田と一の尾根の合流地点です
11:28 道標
11:29 これから登る登山道
11:32 登山道
11:35 シラヤマギク
11:36 キバナアキギリの群生
11:38 登山道 これから少し急な登りになります
11:40 何か花があったようです
11:41 クサボタン
11:42 登山道
急な登山道になると色々な花が沢山あります。
クサボタンも沢山咲いていますが、もう終わりかけています。
花が終わるとおひげが伸びて上記の左の写真のようになるのですね。いつも花ばかり
見ているのでこのような姿を見るのは初めてです。
11:43 登山道
11:45 オケラ(キク科)
【オケラ】乾いた尾根などに生える多年草。高さ30〜60cm。
     葉は羽裂または楕円形。頭花は普通白色
11:46 登山道
11:47 ツルリンドウ(リンドウ科)
11:48 ここから階段です
11:48 階段を登ります
11:52 キンミズヒキ
11:53 登山道 もうすぐ頂上です
11:54 ヤクシソウ
11:54 ヤクシソウ(キク科)2年草 高さ30〜60cm
11:57 ウツボグサ(シソ科)別名:カコソウ 多年草
11:57 アザミとミドリヒョウモン
12:08 清水茶屋 台風の影響で静かです
12:08 展望はあまり良くありませんがこれだけ見えています
12:57 キキョウ
12:57 クモの巣 キキョウの側にいました
少し周りを散策してみることにしました。
早速キキョウを発見。綺麗な色をしています。そのそばには蜘蛛の巣があります。
昨年、とても見事な【センブリ】があったのですが、だれか持って行ったそうです。
今年も楽しみにしていたのにもう見られないかと思うと残念です。
13:00 少しピンクがかったゲンノショウコ
13:00 姉妹でしょうか。可愛いですね
13:00 ツキミソウ
13:01 ニガナ
13:02 お花畑
13:04 初めて見る花で名前がわかりません
13:03 この場所だけに固まって咲いてました
13:05 ミドリヒョウモン
散策して珍しい花を見る事が出来ました。
雨の降ってこないうちに下山しなければなりません。
電車が止まってしまうと困ってしまうので早めに下山することにしました。
明王峠から相模湖に下ることにしました。
13:16 陣馬山山頂です
13:37 清水茶屋を出発します
           陣馬山から明王峠へ下山
13:37 下山口にヒガンバナが綺麗に咲いてます
13:37 登山道 
13:39 登山道
13:40 道標 明王峠へ向かいます
13:41 登山道
13:43 登山道
13:47 道標
13:48 タムラソウ 台風の風が強くて静止してくれません
このころになると風が強くなってきましたが、雨はまだ降っていません。
【タムラソウ】が咲いていたのでカメラに収めようとするのですが、風が強くて
ピントがうまく合いません。
本州、四国、九州の山の草原、草地などに生えるキク科の多年草
タムラソウの葉にはアザミのようなとげがありません。
このころになると足の速いHosoさんとSaiさんはもうずいぶん先を歩いています。
Aidaさんの姿も見えません。風の為写真を撮るのに手間取ってしまいました。
  
13:50 もう皆先に行ってしまいました
13:57 登山道 やっとAidaさんい追いつきました
14:01 登山道
14:02 登山道 私達より先に出発した人が見えてきました
14:06 奈良子峠です
14:06 登山道
14:09 明王峠がもうすぐです
14:14 明王峠にもヒガンバナが咲いています
  
14:15 明王峠です 先に行った二人は下山したのでしょう
14:19 下山します
14:16 ツリフネソウ
14:27 オケラ
14:27 登山道を滑らないように下ります
14:29 石投げ地蔵
14:29 登山道
14:34 林道へ出ました 直進します
  
14:34 林道わきにある道標です
14:34 林道を横切り直進します
14:46 樹林帯では気にさえぎられて傘もあまり必要では
なかったのですが傘が必要になってきました
14:54 大平小屋 このころになると辺りは暗くなってきました
14:58 大平小屋の右に下ります(いつものコースです)
15:00 細い登山道ですが歩きなれた道です
15:20 沢を渡りますが水は少ないです
15:23 林道に出ました
15:36 ゲートの横を通ります
15:36 上の方へ進みます
15:39 前方は高速道路です
15:53 相模湖駅に台風情報を確認しに寄ります
15:55 かどや食堂に寄ります

 私は久しぶりの「かどや」です。
 台風なので数人しかおりませんが、2人ほど
 知り合いが飲んでます。でも地元の人なので
 台風はあまり関係ないのでしょう。
 アルバイトの店員さんも知らない人でした。
 少しいて電車が動いている間に出ます。
 出るときはものすごい雨の降りでした。
 市川に着くころは小降りになっていました。
 が、時折強い雨が降ることもありました。

ホームへ   ハイキングのページへ