栃谷〜陣馬山 857m〜明王峠〜相模湖
2012年6月21日(木)雨

 台風4号が雨・風ともに膨大な被害をもたらして去って行ったと思ったら台風5号が接近と
 いう事でした。でも雨は50%で午後からと言う予報でしたので「陣馬山」へ出かけることに
 しました。日曜日は景信山が多いのでこんな時しか陣馬山には行けません。
 藤野で10時に待ち合わせをしましたが、いつも二人とも集合時間の30分ほど前に行くので相模湖で
 一緒の電車になりました。私は引っ越したばかりでバスの時間や駅から遠くなった関係で
 時間がまだよくわかりませんので早めの時間に着くように心がけました。
 藤野駅に9時15分位に着くと9時代のバスは1本もありません。仕方がないのでタクシーで登山口まで
 入ることにしました。私は一の尾根から登ろうと思っていたのですが、タクシーは栃谷の登山口
 まで行きました。栃谷は下りに使ったことはありますが登りはきついところです。

 「交  通」 JR市川駅7:29発→お茶の水(乗換)7:53着 7:55発(中央快速)→高尾駅8:59着 9:01発→ 藤野駅9:15
 【 コース 】 栃谷登山口9:42→陣馬山11:20着・13:24発→明王峠14:07→相模湖15:48
 【 Member 】 Koikeさんと私の2人
9:15 藤野駅 平日だから閑散としています 工事中でした
9:42 栃谷コース登山口 タクシーでここまで
9:44 塀に案内板が出ています
9:49 この辺りまで民家があります 
タクシーで急な上り坂を登山口まできました。この坂を歩くのは結構きついです。
上の方まで民家があります。案内板は民家の塀だったり屋根の所にあったりします。
9:50 セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)キンポウゲ科
9:53 登山道よりのどかな風景が見られます
9:54 登山道
9:56 小石のごろごろした登山道
9:58 道標 陣馬山まで2.3km
9:58 尾根に出て緩やかな登山道です


9:59 分岐 細く不明瞭な道がついています
この道を下るとどこへ通じるのでしょうか?
案内板には書かれてないので作業どうなのかもしれません

イチヤクソウがひっそりと咲いていました
小さな花たちに出会えるのは嬉しいですねぇ!!
10:02 イチヤクソウ(イチヤクソウ科)
10:05 登山道
10:07 木が折れて散乱しています 台風の影響でしょうか

10:08 ヤブレガサ(キク科)


10:48 ヤマユリ

この登山道は沢山あるので咲くころ
歩くとよい香りが漂い素晴らしい眺めだと思います

ヤブレガサはこれから花が咲くのでしょう
破れた傘をすぼめたような姿を
眺めるのはとても楽しいことです
10:17 分岐です。
左は巻道・右は正道です。どちらを行きますか?と聞いたら「楽な方」という事で
左の巻道を進むことにしました。巻道へ平坦で楽な道でした。
10:21 ここで巻道と合流します 4分ほどでした
10:21 とても歩きやすい登山道です
10:26 ハナイカダ(ミズキ科)
10:31 道標 陣馬山へ1.1km
10:33 フタリシズカ まだ咲いていました
10:37 ウリノキ(ウリノキ科)花弁がクルッと可愛い
フタリシズカもウリノキももう終わってしまったかと思っていたのですが
まだ咲き残っていてかわいい姿に出会えたことはとても嬉しいです。
二人でゆっくりゆっくり歩き、話をしながら進むといつの間にかずいぶん歩いてました。
10:40 道標 陣馬山へ900m
10:44 登山道 上の方が明るくなってきました 合流は無し
10:56 階段です
10:57 階段を上ると平坦になりました
11:05 再び階段です
11:12 見上げるとまだまだ階段が続いています
階段は苦手ですがすぐ横にはロープが張ってないので歩く事が出来るので
楽です。私は急な上り坂でも何か花が咲いてないだろうかと探しながら登ります。
その方が楽しいでしょ。もうすぐ陣馬山山頂です。
11:18 陣馬高原下からの道と合流します
11:20 陣馬山山頂 857m 一人の登山者もいません
いつもはにぎわっている陣馬山山頂ですが、今日は誰もいません。珍しいことです。
ここまで登って来るのに誰一人にも会いませんでした。
久しぶりの陣馬山です。ここで楽しみにしている花があります。
後で探しに行ってみましょう。
11:22 いつもの清水茶屋へと行きます
11:44 Moちゃん差し入れの縮緬山椒です
清水茶屋に行くと荷物があるのに誰もいません。Masa君に聞くと「いつもの人です。
今仕事をしに行ってます」との返事です。あぁ、Moちゃんだなとわかります。
山椒の実を採って戻ってきました。さっそくご自分で作った「チリメン山椒」を
差し入れて下さいます。酒のつまみに最高です。ほんとに作るのが上手です。
商売すればいいのにと言うと「持ってきて食べてもらえればいいんだ」と。
私たちは美味しく作ったのを頂くばかりです。
Masa君が「珍しいね、平日に来るのは」今までは平日は会社勤めで来られませんでしたが
これからは退職したので来る事が出来るようになりました。
雨が降ってきました。登り初めにポツポツと降ってはいたけど傘は必要ない程度でした。
ちょうど茶屋で休んでいるときでよかった。
子供たちが雨に濡れながら大勢登ってきました。100人とか言ってましたがはたして?
小屋の軒下に分かれて座ってお弁当を食べてました。
11:44 山椒の実を下ごしらえをしています
12:57 ウマノアシガタ(キンポウゲ科)
私はここら辺で楽しみにしている花を探しに出かけることにしました。
数年前に富士見茶屋のおじさんに「カメラを持っているなら着いてきなさい」
と連れて行ってもらったのでした。確かこの辺だったのにと探しました。
ありました。「クモキリソウ」です。
そしてそのおじさんにもお会いする事が出来ました。そのことを憶えていて
下さいました。嬉しかったです。
でも帰るころになると虫に刺されてかゆくてかゆくて大変です。
クモキリソウ(ラン科)

高さ15〜30cm 葉は2枚相対する
13:26 陣馬山の子供達
13:26 下山開始です
13:29 分岐 右は栃谷方面・左は明王峠方面
13:33 霧が出てきました
13:37 明王峠1.5km・景信山5.3km 明王峠へ進みます
13:49 登山道
13:52 倒木があります
13:52 台風の影響でしょうか?落ち葉が沢山あります
13:56 登山道
13:58 奈良子峠 明王峠0.4km・景信山4.2km・陣馬高原下バス停5.2km
14:06 明王峠が見えてきました
14:07 明王峠 平日なので茶屋は開いてません
14:07 明王峠からの展望はありません
14:19 下山開始
雨は上がりましたが明王峠からは、富士山は望めません。
小屋も平日なので開いておりません。お母さんが元気な時は立ち寄って話を
したりしていたのですが、高齢になられて登って来る事が出来ないので様子を
伺うだけになりました。でも息子さんや息子さんの御嬢さんがいらしてるので
お話をする事が出来ます。陣馬山・景信山でビールを飲むので茶屋が開いていても
申し訳ないのですがあまり飲めませんが缶ビールを飲むくらいです。
トイレをお借りして下山することにします。
14:29 石投げ地蔵
14:29 登山道 この辺り小石があり滑りやすいので注意して
14:34 林道に出ます 横切って直進します
14:38 登山道
14:42 道標 右に進むと吉野へ行きます
14:48 登山道
14:55 大平小屋
14:56 休憩せず貝沢コースを下ります・直進すると与瀬神社
15:10 沢が見えてきました
15:12 サワギクが沢山咲いています
15:16 沢は台風の影響で水が多いです
15:31 登山口 今日の無事を感謝します
15:31 登山口にある道標
15:31 道は2つに分かれますので上の道を進みます
15:34 突き当りのようになりますが構わず進みます
15:34 階段を下ります 下は車が通ってます
15:48 相模湖駅
15:48 かどや食堂
かどや食堂店内

  今日は平日とあってかどや食堂には今の処
 2組しかお客様はおりません。
 常連さんが2人1組と私の知らない女性が1人
 だけです。そのうち常連さんがやってきました。
 でも山に行く人はSoさんご夫妻だけです。
 私は建て替える前からよく来てました。
 昔のかどやさんは山から下ってくると座る場所まで
 決まっていました。自然にその場所に座っていました。
 でも新しくなったかどやさんは新しいお客様が増えた
 ようです。商売をやっていくには新しいお客様をいかに
 沢山来て頂くかを考えなくてはならないでしょう。
 そしてまた、いろいろなお客様と話が出来るように
 なることでしょう。

ホームへ   ハイキングのページへ