伊 吹 山(1377m)
伊吹山〜地蔵川〜彦根城
2020年8月9日(日)〜11日(火)2泊3日
 今年の夏は笠ヶ岳へ行く予定でしたが、コロナの影響で山小屋が締まっているので
 諦めました。
 そこで花の百名山でもあるので伊吹山に登ることにしました。
 花の好きな私は以前から気になる山だったのですがなかなか行く機会がありませんでした。
 今コロナ禍の時、地方へ行くということはなかなか難しいのですが今までもほとんど山へ
 行けておりません。
 自分では大丈夫と思っていますが持ち込まないよう注意して行きたいと思います。

   「交  通」  自宅9:40→市川駅10:33発→東京10:51着
              東京11:33発(ひかり641号)→米原駅(乗換)13:47着14:03発→近江長岡駅着14:17着発
   「コース」  第1日目(8/9) 東京〜米原〜近江長岡〜ペンションいぶき(泊)
              第2日目(8/10)ペンションいぶき〜伊吹山山頂〜ペンションいぶき(泊)
              第3日目(8/11)ペンションいぶき〜地蔵川〜彦根城
   「Menber」 Kataさんと私の2名

          第一日目(8/9):東京〜ペンションいぶき(泊)〜伊吹山3合目
伊吹山
14:01 乗車券 ジパング倶楽部利用
14:13 近江長岡
近江長岡駅でバスの時間がわからないので本日の宿(ペンションいぶき)さん迄タクシーで行くことにしました。
何しろこの地方は初めてのことですので右も左も全くわかりません。
14:29 本日の宿【ペンションいぶき】さんに着きました
家の周りはお花がたくさん植えられています
14:34 食堂
食事はここでいただくようです
原木から仲間たちと一緒に作った手作りのログハウスでとても素晴らしいです。
周りには色々な沢山の花で私たちを楽しませてくれます。
ペンションいぶきのオーナーは「堀江 寛」さんとおっしゃって、ガイドもなさるし
お料理も地元自家製野菜を使ってフランス料理コックの経験を活かしとてもおいしいお料理を
出してくださいます。奥様も栄養士の資格をお持ちです。
サラリーマンを脱サラして地元でペンションをはじめられたそうです。
ガイドは現在の天皇陛下が皇太子の頃伊吹山を案内されたそうですがとても勉強家で「○○はどの
あたりですか」とお聞きになっていたそうです。
天井の柱も立派です
食堂には手作りの木工の作品が並んでいます
お部屋にはベットが3つ並んでいます
別に二つのログコテージがあります
この日はもう一組子供連れのお客様がログコテージに泊られたようです
伊吹山を眺められる良い所です
4時20分に玄関の所に集合してくださいということでオーナーの堀江さんが3合目まで
車で案内してくださいます。
ゆうすげは夕方から咲き始めて翌日にはしぼんでしまうそうです。
だからその時刻に合わせて連れて行ってくださるのです。 ありがたいです。
        伊吹山の3合目で見たお花たち
レモンイエローのゆうすげが広がっていて感動です
オオナンバンギセル(大南蛮煙管)ハマウツボ科
九州でナンバンギセルはみたことがありました
オオナンバンギセル(大南蛮煙管) もうほとんど終わりでした
オオナンバンギセル
  本州〜九州の山地に生える、一年草の寄生植物でススキやノガリヤスなどのイネ科の植物の根に寄生する
  自らは葉緑体を持たず、光合成を行わない全寄生植物です。
  根の一部の寄生根とよばれる特殊な根を宿主の根に結合させ、養分を奪って生活しています。
  ナンバンギセルが平地で見られるのに対し、やや標高が高い場所に生えるそうです
ゆうすげ きれいな色ですね
小さな小さなバッタです
イブキフウロ(蝦夷風露)フウロソウ科 本州中部と伊吹山に分布
花弁の先が3つに切れ込んでいる
ハクサンフウロ(白山風露)フウロソウ科の多年草
シュロソウ(棕櫚草)ユリ科の多年草
ルリトラノオ(瑠璃虎の尾)オオバコ科の多年草
伊吹山周辺の特産固有種 きれいな色です
クガイソウに似るが葉は対生する
クガイソウの葉は輪生する
ツリガネニンジン((釣鐘人参)キキョウ科の多年草
花を釣鐘、根を朝鮮人参にたとえた
コオニユリ(小鬼百合)ユリ科
オニユリより小型で葉の付け根にムカゴを付けない
ゆうすげに囲まれて 堀江さんがゆうすげの場所を選んで撮って下さいました 
とにかくゆうすげが見渡す限りレモンイエローのじゅうたんで見事です コロナですのでマスクを
クルマバナ(車花)シソ科 葉は対生 茎は四角形
ナンテンハギ(南天萩)マメ科 ナンテンの葉に似ていることから
タカトウダイ(高燈台)トウダイグサ科
ヒメヤブラン(姫薮蘭)キジカクシ科の多年草
オオダイコンソウ(大大根草)バラ科の多年草 花は終わってました
ルリトラノオ 伊吹山だけに咲く花
  ゆうすげをたっぷり堪能させていただきそろそろ夕食の時間もあるので降りることにしました。
  ゆうすげだけでなくいろいろな花も沢山ありました。。
  やはり伊吹山にしかないという「いぶきふうろ」や「ルリトラノオ」そして「オオナンバンギセル」など
  出会うことが出来てよかったです。
          夕食
ワインを頂きます
サラダ
ライスはご自分の所でとれたお米で美味しかったです
デザートは3種類もありました
ログコテージのお泊りのご家族も一緒です
2歳と5歳の女の子です 木工で遊んでました
  とてもおいしくいただきましたがおなか一杯になりました。
  お料理だけ頂きに泊りに来るのもいいかもしれません。

第二日目の伊吹山への登山のページへ


ホームへ   ハイキングのページへ