2003年 富士見山荘へ
  2003年11月2日(日)・3日(月) 晴れ



富士見山荘にて月の観察 17:31

「コース」
        塩山駅→バスにて大菩薩登山口下車→雲峰寺→千石茶屋→上日川峠(ロッジ長兵衛)→
        福ちゃん荘→富士見山荘(泊)→塩山駅


                富士見山荘に泊まり月や星の観測をしようということで
                皆、それぞれのコースで富士見山荘に集合した。
                大菩薩には何度も来ているのに雲峰寺には寄った事がなかった。
                一度は寄って参拝していこうということになった。
                大菩薩登山口でバスを下り広い車道を行くと左手に入口がある。
                古い石段を登ると本堂がありお参りを済ませる。

             
  天然記念物の雲峰寺のサクラが植えられている。 →
  樹種はエドヒガンで根廻り5.30m、目通り幹廻り5.00m
  樹高21.50m、満開は4月20日前後、花色は淡紅色。
  約700年前に植えられたものと伝えられているそうだ。
                 
紅葉がとても綺麗で遠くの山が
赤と黄色と緑に染まっている。
                          
  モミジが赤く色づいて我々の目を
  楽しませてくれる。
12:47

雲峰寺でゆっくり参拝やら
見物をして丸川荘の只木邸の
庭先を拝借して昼食とする。
丸川峠入口を過ぎると千石茶屋に向かう。
           千石茶屋 →13:07
  
←13:10
大菩薩峠登山道
上日川を経て大菩薩峠へ
という指導標があるので
ここから尾根に取り付く。

←13:16

落ち葉を踏んで紅葉した
雑木林の中を登って行く

        13:28→

黄色く色づいた唐松が→
美しい。
←13:38

周りの山々は紅葉して
とても綺麗だ

        15:15→

富士見山荘に到着→
皆はすでに車で着いていた
正面には富士山が美しく
輝いており後ろの山を
見ると唐松が黄色く
紅葉しているし、ブランコのある
庭にはまゆみが赤く色づいている。

                     外には大きな天体望遠鏡があり星や月の観測が出来る。
                     2階には屋根がスライド式になっていてここでも観測が
                     出来るようになっている。
                     星の名前がわかっている人にとっては堪えられないだろう。
                     富士見山荘の内木さんに色々説明して頂きデジカメを望遠鏡に
                     セットして月を撮らせていただいた。
                     それが一番上の月である。デジカメでこんなに撮れるとは
                     驚きであり嬉しい気持ちで一杯だ。
                     星はさすがに小さいのでデジカメでは難しかった。
夜になるといつものように宴会が始まった。
楽しいひと時が過ぎていく
外は満天の星が輝いている。
この後私はどうしたことか体調を崩し
気持ちが悪くトイレの往復が続く。
この時は決して飲みすぎでは
ありませんでした。
ハイユを利用したストーブ
夜は火をつけておいてくれるので
温かく眠ることが出来た。
                    翌日本当はどこかの山を歩きたかったが、私の体調が
                    良くなく、仕方なく塩山まで下ることになった。
                    せめてもの慰めは昨日、上日川から歩けたことである。

 

ホームへ   シモバシラの華 景信茶屋のページへ  ハイキングのページへ