鳳 凰 三 山 
         (薬師岳2780m・ 観音岳2840m・地蔵岳2784m)
                2006年8月12・13日 晴れ

山行日 2006年8月12日(土)〜13日(日)
交 通 市川5:01→御茶ノ水乗換5:23→八王子6:35発(松本行き)→高尾駅6:41着→
甲府8:08着→タクシーで約50分→夜叉人登山口9:17
地 域 南アルプス
天 候 第1日目(12日)雷雨後晴れ・第2日目(13日)晴れ
コース 薬師岳2780m→ 観音岳2840m→ 地蔵岳2784m
タイム 第1日目:夜叉神峠登山口9:17着〜9:30発→夜叉神峠小屋10:42着〜10:53発→
      杖立峠12:12着〜12:35発(昼食)→山火事跡13:30→苺平14:16→
      南御室小屋14:48着(泊)歩行時間5時間30分
第2日目:南御室小屋6:00発→ガマの岩6:43着〜6:52発→砂払い岳7:16→
      薬師岳小屋7:24→薬師岳7:36〜7:52発→観音岳8:21〜8:33発→
      地蔵岳10:00〜10:15発→鳳凰小屋10:50着〜11:08発→
      五色の滝11:35〜12:15発→白糸の滝12:36〜12:41発→
      南精進滝13:51着〜14:15発ドンドコ沢分岐15:04→
      青木鉱泉16:00着〜17:00発→韮崎駅17:55着歩行時間8時間
 Menber Doさん・Yoさん・Yoさん(女性)と私の4人

          昨年の9月に鳳凰三山に行こうと計画し、メンバーが集合したけれど
          大風の影響で中止となり高麗駅まで行って彼岸花を見て帰った事があった。
          そして今年も行こうという話があったけれど色々な事情で中止になった。
          有志だけで行こうという話になり再度計画し、メンバーも代わり、やっと
          実現に至った。しかしながら台風等の影響があり気圧が不安定なのが心配される。
夜叉人峠登山口出発9:30

  標高1380mの登山口に、甲府からタクシーで
  約50分ほど登ってくると登山口に到着する。
  甲府を出てまもなく雨がポツポツ降り始めた。
  心配しながらタクシーで来たが雨はあがり大丈夫
  な様である。次々とタクシーであがってくる。
  身支度をしてさぁ、出発だ。今日は1200mを登
  らなければならない。
  Yoさんを先頭にYoさん(女性)そして私、
  シンガリはDoさんである。急坂なのでゆっくり
  登る事にする。
10:14 黒い小さな蝶
  歩き始めてタマガワホトトギス、
  ヤマオダマキ、ヤマホタルブクロ
  フシグロセンノウなど綺麗な花が
  咲いているのを見ながらブナ、ミ
  ズナラの林を登っていく。
 
   10:42 夜叉人峠 1770m

 夜叉人峠登山口から1時間12分

   風の無い登山道を登ってきて明るい
   夜叉人峠に到着する。雲は多いなが
   らも太陽も顔を出し、白根三山が
   良く見えている。家族連れが小屋の
   周りで遊んでいたりテント場にはテ
   ントが張られてお花畑が広がっている。
   ヤナギラン、クルマユリ、マツムシソウ
ヤナギラン
マツムシソウ
ヤナギランの向こうに白根三山
11:32 ハクサンオミナエシ
11:53 セリバシオガマ
     夜叉人峠で白根三山を眺め、お花畑を見て
     10:53出発する。樹林帯へ入りなだらかな
     道から急坂へとなるが、黄色い花のハクサ
     ンオミナエシや暗い中に白く清楚な花を付け
     たセリバシオガマが楽しませてくれる。
12:12 杖立て峠
 夜叉人峠から1時間19分

  周りは樹木ばかりで展望は
  全くありません。
  12時も過ぎているので昼食
  にする事にしました。
  風が無いのでとても暑かった
  鉄で組んだ三角の道標があり
  ます。12:36分に食事を終え
  出発です。   
  
           13:05 オトギリソウの花の写真を撮った頃から雨が降り始めました。
           雨具をつけようか?雨具をつけると暑いので着けたくないなぁ
           なんていってると雨の降り方も本格的になってきたので着ないわけには
           いかなくなりました。
           13:30 火事場跡につきましたが、通過します。杖立て峠から54分
           雷がだんだん頭上に近づいて来ています。その内ピカッと光ったら
           ゴロゴロゴロゴロときました。雷は嫌だなぁ
  
13:44 岩のゴロゴロした登山道
 林道の花やオトギリソウなど
 綺麗な花がずっと咲いていますが
 雷雨で写真を撮るどころではありません
  14:16 苺平 火事場跡から46分
 鉄の三角の道標がたっています。
 でも早く小屋に着きたいので
 通過する事にします   
14:48 南御室小屋
 苺平から32分

 雷雨も大したことも無くて
 やっと南御室小屋に到着です。
 早速受付をして雨具などを
 干します。部屋にはストーブが
 ついています。
15:51 乾〜杯!!
 早速缶ビールを買って「お疲れ様でした」
 外のテーブルの彼方此方でも飲んでいます。
 小屋の周りにはシシウドやトリカブトが
 咲いています。トイレは外に簡易トイレの
 ようなのがいくつもあり、チップ製になって
 います。雨もあがり良い天気になって外にい
 ても太陽が暖かいので気持ちがいいです。   
   
外にあるトイレ
雨もあがり雨具の干し場になった
17:30 夕食はビーフシチュー
部屋は一人1帖ありユッタリ
 
5:54 サルオガセ

 小屋の前には朝陽を浴びたサルオガセ
 が沢山ある。
 山地の樹木に寄生する地衣植物。
 特に亜高山帯の針葉樹林のコメ
 ツガなどに多い。木の枝から猿の
 尾のように垂れているので
 「猿の尾がせ」となったとある   
5:59 さぁ。出発だ!!
 4:30位に置きだしてモーニングコーヒーを
 頂き5:30少し前に朝食。
 今日は良い天気だ。京都から
 来た団体さんは早くに出たようだ。
 ネパールから来た若者も一緒に
 いたようだ。いつもニコニコ
 笑っていた。私の故郷である
 愛媛県の新居浜出身と言う方もいた。
 朝食を済ますとお弁当をもらって
 6:00に出発する   
6:00 オトギリソウの群生
 小屋の横手から登っていく。
 小屋の裏には群生している
 花が素晴らしい。小屋の煙突
 から煙が立ち昇っている。
 いきなり急登を登る事になると
 聞いている。ゆっくり行きましょう    
6:35 おとぎの国のキノコ
 急登を上りながら色々な花が咲いている。
 ゴゼンタチバナの白い可憐な花がまだ
 咲いている。30分余り歩いた所に可愛い
 おとぎ話に出てくるような赤いキノコが
 目に付く。毒キノコだろうがなんて
 可愛いキノコだろう!
6:43 ガマの岩 南御室小屋から43分
 樹林帯の中を行くが風が無く暑い。
 40分余り歩いたのでちょうど良い
 休憩場所だ。展望があり一休み。
 ガマに似ているかな?
  7:08 富士山
 再び樹林帯の中へと進んで行く。
 やがて明るい場所に着き巨岩が
 ある砂払岳山頂である。
 後には富士山が姿を現している。
7:10 砂払岳
 大きな巨岩が立ち並ぶ。
 見たいと思っていた
 タカネビランジの花が
 見られるようになってきた。

 岩の陰にはコバノコゴメグサ
 の花が咲き誇っている。→  

7:24 薬師小屋
 青い屋根の薬師小屋に
 到着する。布団が積み
 重ねて干してある。
 ここは小屋の前を通り
 登山道へと歩を進める。
 歩道の両脇には色々な
 花が咲きホッと心が
 和みます。

  7:27 ツマトリソウ→
7:36 薬師岳山頂 2780m

 白砂の登山道を進んでくると
 薬師岳に到着です。
 北岳が眼前に姿を現しました。
 それまでは頂には雲がかかり
 少し残念だなと思っていたの
 ですが薬師岳では雲も取れて
 素晴らしい姿です。
 若者が軽装で走ってきて写真を
 撮って下さいと北岳をバックに
 カメラに収まりました。
 どこまで行くの?と聞くと出来れば
 甲斐駒まで行ければ良いと言って
 走って行きましたが、凄いの一言
 富士登山にも参加していると言う
 事でした。山頂は白砂の広い所だ
 
7:42 薬師岳より富士山
7:55 観音岳に向けて
8:09 白砂の登山道を観音岳へ
 砂の中から美しいタカネビランジが
 彼方此方に咲いていて心和む。
 又トウヤクリンドウの姿も見られる。   
 
8:24 タカネビランジ
8:21 観音岳山頂 2840m
              観音岳山頂は岩の山という感じで座る場所が余り無い。
              360度の展望で甲斐駒岳や地蔵岳が眼前に見ることが出来る。。
              あの青年は甲斐駒に向けて走っているのだろうか?
              山頂にも沢山のタカネビランジが咲いている。
              2003年9月に甲斐駒ケ岳に登った日のことが思い出される。
     
8:27 観音岳にて北岳をバックに 2840m
  巨岩の場所なので交替で
  写真を撮っていただく。
      甲斐駒ケ岳を望む
8:36 地蔵だけへの道
 岩のゴロゴロした登山道を
 地蔵岳へすすみます。
 ずっとタカネビランジは登山道に
 続いております。
 8:59 自然のオブジェ 
  白砂の少し広い平らな所に
  涸れた木が横たわっています。
  根本は涸れていると思われるのに
  青々と先のほうだけ茂っている。
  自然の生命力は凄いですねぇ
         タカネビランジの花の色もさまざまです。
         薄いピンク色をしているかと思えば濃いピンク色をしている物
         又真っ白い色をしているのもあります。
         もうそろそろ終わりに近づいているのが多くちょうど良い時期に
         来られて本当に良かったと思います。
 

ホームへ  鳳凰三山のNo2へ  ハイキングのページへ