452m 410m
2013年5月4日(土)晴れ  

 テレビで毎週土曜日の朝6時から放映されている【大人の山歩き】と言う番組があります。
 私は録画して見ているのですが今回は2013年2月2日放映の【静岡葛城山〜発端丈山〜駿河湾に浮かぶ宙富士を望む】
 と言う番組がありました。今日はその【葛城山〜発端丈山】をガイドの橋谷 晃さんと一緒に歩きます。
 毎回俳優さん、女優さんが一緒に歩いているのですが、橋谷さんは花や木、地形などにとても詳しくて一度は一緒に
 歩く事が出来たら素晴らしいなと思っていたのです。そんな時募集していたので急遽申し込みをして参加させて頂く
 ことになりました。そんな訳で今回は楽しみです。
 集合してみると皆さん、私の子供位の年の人ばかりで場違いな感じで申し込みしたのがいけなかったかなと
 思うようでした。



   「交  通」  JR市川駅6:42発(総武線快速・久里浜行)→東京駅(乗換)7:00着 7:26発(新幹線こだま635号)→三島8:19着
              三島8:31発(伊豆箱根鉄道修善寺行)→伊豆長岡着8:54 9:10発(バス・三津シーパラダイス行)→
              伊豆の国市役所前着9:21→徒歩・伊豆の国パノラマパーク
   「コース」  伊豆の国パノラマパークロープウェイ→葛城山11:03→発端丈山13:20(昼食)14:43発→旅館やまや(打ち上げ)

   「Menber」 ガイド橋谷晃さん・Kataさん・Usiさん・Teraさんと私の5人

集合は伊豆の国パノラマパーク・ロープウェイ乗り場10時集合ですので私は集合時間ぎりぎりと
いう事はしたくないので30分位待つように早めに出かけました。
毎週景信山に行ってますがいつもそのくらい待ち時間を持つように心がけております。
新幹線に乗った時橋谷さんも乗られましたが、伊豆長岡駅でご挨拶してそこから一緒に行きました。
「今日は何人ですか?」と聞きましたら「キャンセルが出て4人」という事でした。
私は人数が少ない方が嬉しいのですが、橋谷さん側にとっては営業問題もあるのであまり嬉しくは
ないことだと思います。「4人なのでアットホームに行きましょう」という事で出発することにしました。
9:05 伊豆長岡駅に到着です。ここからバスに乗車します
9:46 伊豆の国パノラマパーク ここに集合です
9:51 セキレイが出迎えてくれました
セキレイ しばらくここにいてくれました
9:46 このロープウェイに乗り葛城山に行きます
10:33 出発します
標高452mのかつらぎ山の山頂と山麓の全長1,800mをロープウェイで結びます。片道所要時間は約7分。
山頂公園からは富士山、駿河湾、箱根、天城の山々など、360度の大パノラマの風景が広がります
いっきに高度を上げていくと富士山が頭の上の方だけ姿を見せています。
今日はGWとあって家族連れがとても多く見受けられます。
10:33 富士山には雲がかかって全貌は望めません
10:45 ロープウェイ山頂駅から駿河湾を望む
10:57 ロープウェイ山頂駅を出発します
お店も出ていますし観光客がたくさんいます
10:58 ウツギ(空木)ユキノシタ科の落葉低木
別名ウノハナ(卯の花) とも呼ばれる
いつも歩いている高尾山辺りはまだ見られないので伊豆は
きっと暖かいのでしょう
10:59 葛城山へと歩を進めます
10:59 エビネ(海老根)ラン科エビネ属の多年草
ここに植えられたようです
11:00 ツツジの間を葛城山へと進みます
11:03 晴れていれば南アルプスを望む事が出来るようです
11:03 葛城山より富士山を望む
11:08 ハングライダー 気持ちいいでしょうね
11:10 かつらぎ山山頂 452m
11:10 三角点
11:10 源頼朝像
源頼朝が伊豆に配流された時のゆかりの地でもあります。
葛城山にも頼朝が鷹狩りをしたといういい伝えがあり、
山頂には若き日の源頼朝鷹狩の像があります
11:11 百体地蔵
赤い布に願いを書いてお地蔵さんにお祈りすると
願いが叶うと言われているようです
色々の事が書かれてありました
11:12 遠望
11:12 タツナミソウ(立浪草)シソ科 タツナミソウ属の多年草
花が片側に向いて咲く様子は寄せてくる波を連想させるのが名前の由来
11:13 葛城山を出発してさえずりの丘展望台へ向かいます
11:15 さえずりの丘展望台への道標
11:16 登山道
11:16 登山道の途中より
11:17 道標
11:17 木道を通りさえずりの丘展望台へ進みます
11:18 イロハモミジ カエデ科カエデ属の落葉高木
裂片をイ、ロ、ハと数えることからついた名
葉は5〜9つに掌状に分かれ、やや荒い鋸歯がある
11:22 もうすぐさえずりの丘展望台のようです
11:24 展望台より
11:24 展望台より
11:28 道標 発端丈山まで90分とあります
11:33 歩き方とかストックのつき方など説明がありました
11:35 道標 発端丈山まで90分
11:35 出発です
11:38 登山道
11:40 登山道
11:47 登山道
11:50 マムシグサ(蝮草)サトイモ科テンナンショウ属の多年草
沢山ありましたがミミガタテンナンショウはありませんでした
11:52 登山道
11:54 富士山は雲がかかっていますがまだ見えています
11:54 登山道
11:57 イロハモミジ 新しい葉が赤くなっています
11:57 登山道 イロハモミジ
11:57 イロハモミジの赤い葉に魅かれて思わず立ち止まります
12:01 キアゲハ?が花から花へ飛び回っています
12:02 道標
12:04 登山道
12:03 桐の花が咲いていました 富士山は雲に隠れつつあります
12:04 桐の花 このような咲き方をするのですね
12:06 ナツトウダイ(夏燈台)トウダイグサ科の多年草
12:07 ヤブレガサ 暖かいので蕾がありました
12:09 登山道
12:12 ウツギ あちこちで沢山見られました
12:16 登山道 これより発端丈山の登り口です
12:17 登山道
12:21 登山口
12:24 道標
12:24 登山道
12:26 登山道
12:29 登山道
12:34 登山道
12:36 登山道
12:39 登山道
12:42 登山道
12:47 登山道
12:49 道標
12:50 登山道
12:51 益山寺への道標 テレビ放映の時は行ったそうです
12:52 ここで10分ほど休憩します
13:02 出発します
休憩の時、橋谷さんがカツサンドを用意して下さっていたのですが、人数分なかったので
お腹のすいた人だけ頂きました。私も朝4時過ぎに朝食だったのでお腹がすきましたので
遠慮なく頂きました。美味しかったです。
13:04 登山道
13:06 四等三角点 登山道にありましたが以前は展望が
良かったのでしょう
13:07 登山道
13:09 登山道 階段状になっています
13:13 登山道 やや急坂になってきました
13:17 登山道
13:18 登山道
13:20 発端丈山に到着しました
さえずり展望台からの登山口で発端丈山まで90分と道標にありました。
1時間47分かかりましたので13分のオーバーでしょうか。
途中休憩したりモミジなど眺めながら来たのでゆっくり歩く事が出来ましたので
とてもよかったです
13:20 山頂に到着して駿河湾が美しく登って来た喜びに浸ります
13:23 ホウノ木が遠くにあり一輪だけ花が開いていました
ここで昼食です。
昼食は【橋谷 晃さんの山ランチ付】という事で何も持ってきませんでした。
どんなランチが出てくるのでしょうか?
今日は【香るグリーンカレー】を作って下さいます。はじめて頂くものです。
ご飯も人数分持ってきているので重かったでしょう。20kg近くあったようです。
大きなお鍋も用意されました。我々は出されたスプーンを持って待っているだけ。
13:28 大きな鍋が出てきました
13:30 その鍋にご飯とお湯を注ぎます
13:38 これがもとになる香るグリーンカレーです
13:34 ココナッツの粉末も入れます
13:42 そろそろ出来上がりました
13:56 お皿やスプーンなども橋谷さんが用意して下さいます
13:56 香るグリーンカレーの出来上がりです
13:57 頂きます おかわりもしました
14:21 チョコレート

デザートはバナナとオレンジとチョコレートでした。
私はイチゴとサクランボを持って行きました。
チョコレートは暖かいので溶けてしまってチョコレートフォンジュに
なってしまってお箸でとらなければべたべたになってしまいました。
大人の山歩きの撮影秘話もお聞きしました。
女優さんと一緒に歩いているので「きれいですか?」と言う質問など
ありました。
食事が終わる頃、ご夫婦がフーフー言いながら登ってきました。
「テレビで見ましたよ。声でわかりました」と声を掛けられました。
その方に記念写真のシャッターを押して頂きました。
代わりに私も押してくださいと言われ橋谷さんと記念写真を撮って
記念になりますとおっしゃってました。
13:20 発端丈山山頂より駿河湾を望む 富士山はすっかり雲の中へ
14:38 発端丈山山頂にて
13:20 モンキアゲハ(紋黄揚羽)
忙しそうに飛び回っているので写真に撮れませんでした。
これは景信山の登山道で撮ったものです。
この時は止まってくれました。この時初めて見た蝶です。
14:42 先ほどまでいた葛城山が見えています
14:43 発端丈山を出発します 急坂の下りがあるそうです
14:46 登山道
14:47 登山道 急な下りの始まりです
14:48 登山道の途中に駿河湾が見えています
ここが橋谷さんお奨めの宙富士が美しい場所です。思わず「わぁ、素敵」と声が出ます。
【大人の山歩き】で榎木孝明さんが富士山を思い描きながら書いた場所です。今日も富士山は隠れて見えません。
14:50 橋谷さんお奨めの場所にて
14:52 登山道 ロープが張られています
14:54 登山道
14:56 登山道 急坂を下ります
14:58 登山道
15:00 展望台
15:00 展望台からの景色
15:01 淡島
15:01 登山道
15:04 登山道
15:08 登山道
15:13 登山道
15:15 みかん畑の横を通ります
15:17 登山道
15:17 登山道
15:19 登山道
15:19 アルミのような橋を渡ります
15:22 登山道
15:23 登山道 海が見えてきました
15:24 登山道 民家も見えてきました
15:29 海がすぐそばです
15:36 海の幸のお店から漁船でしょう 沢山停泊しています
この後は楽しみにしていた「打ち上げ」で橋谷さんお奨めの海の幸のお店に行きます。
途中から予約していたお店にあとどのくらいで着くという電話を入れて下さいました。
15:59 海の幸 お刺身5点盛り
16:07 生ビールを2杯づつ お刺身を頂いていい気分
橋谷さんお奨めの金目鯛の灸り 本当は丼なのですが特注です
17:29 美味しく頂いたのでバスで三島まで行きます
ここでも結構ゆっくり出来ました。
橋谷さん、3軒回ったけれどここが一番おいしかったという事です。
お腹もそんなにすいてなかったのでご飯ものは頂きませんでした。
皆生ビール2杯づつ飲んでいい気持になりました。
17:56 このバスで三島駅まできました
17:33 新幹線こだま号668号にて東京へ戻ります
橋谷さんは明日も10名の人を連れて今日と同じコースを歩くそうで、三島に宿をとっているそうです。
お昼の材料は宿の方へ送ったという事でした。とてもお忙しいようでした。
みなさん、それぞれここからは別々になりました。
私は一番早い時刻の新幹線で帰ることにしました。
今日は橋谷 晃さんと一緒に歩けたこと、人数が4人と少なかったのでいつも歩いている感じで
歩けたのでとてもよかったです。又機会があれば参加したいと思います。
皆さん、ありがとうございました。

ホームへ   ハイキングのページへ