笹子駅 → 本社ケ丸(1630m)→笹子駅
  2002・10・12(土)   その1

駅から入山して駅に下山の中央線の山 起伏に富んだ山



頂上より下山途中で眺めた三つ峠と富士山 13時10分


【コース】   市川(JR総武線5:01発)⇒御茶ノ水で中央線高尾行きに乗り換え高尾駅(6:35着 7:04発)⇒笹子駅へ(7:55着
            JR笹子駅8:00出発→笹一酒蔵→林道終点8:25→なめ滝8:30→沢歩き終点8:45
            送電鉄塔9:15→林道横断9:35→分岐尾根10:10→送電鉄塔11:10→本社ケ丸頂上12:15(昼食)
            本社ケ丸頂上出発13:05→清八峠13:45→ベンチ14:30→変電所15:00→笹子駅16:10

            笹子駅出発16:41→相模湖

           本社ケ丸と清八山は大月秀麗富嶽十二景の一つで12番目に登録されています。
           本社ケ丸はアップダウンあり、急登あり、岩場ありの起伏に富んだ山でした。
           雑木林の木もクヌギ、コナラ、ブナの木が立林していて気持ちの良い林です。

             
←  笹子駅(8:00)

笹子駅で下車したら、すぐに山裾の方へ進み 突き当りのT字路をに曲がります。 笹一酒蔵を左に見て船橋沢に沿う林道へ入っていきます。 やがて林道は終点となり沢を渡って行くとナメ滝があり、 二股になっているので右の沢に行きます。 沢は右に見て進むが、又沢を渡り左側に沢を見て進む。 再度沢を渡り右側に沢を見て進むと簡易水道の水源に行き当る。 ここからいきなり急登となる。 この急登が30分続くのである。
 二股に分かれるナメ滝(右に進む滝)12:08→

             この急登を登りきると送電鉄塔に到着するので一休みすることにした。
             3人の女性が休憩を取っていた。
             初めて出会った人達である。
             登る人が少ないのだろうか?
             10分ほど休憩して階段状になっている道を進むと林道に出る。
             その林道からは滝子山を見ることが出来る。

 この林道を横切って鉄の梯子を登り
 尾根を登っていくと主稜線に出る。
 やがて宝鉱山の鉱石運搬鉄柵のヤグラ跡に出る。
 さらに進むと三つ峠の見える場所へ到着する。
 ここで休憩を20分ほどとる。
 アップダウンを数回繰り返しながら進むと
 送電鉄塔が見えてくる。(11:10)
 鉄塔の周りは大きく切り開かれている。
 トリカブトがあちらこちらと咲いている。
 尚そのまま進み、ブナの雑木林に入っていく。
 朝が早かったのでお腹がすいてきたので
 おにぎりを一つ頂くことにして10分ほど休憩する。
 ブナの林をさらに進みもう一山越えるのかなと
 思いながら急坂を進むと頂上に到着です。
林道に鉄の梯子がある(9:35)
トリカブト
イチゴ
ブナの枯れ木に生えるキノコ

頂上から三つ峠と富士山を望む
甲斐駒ケ岳と北岳
頂上


                       頂上は3等三角点がポツンと待っている。
                       以外に小さな頂上で岩がごろごろとあり
                       5〜6組もいれば一杯になるような場所です。
                       見晴らしは360度見渡せて展望は素晴らしい。
                       やはりここで昼食とする。
                       先に一人食事を取っている男性がいた。
                       その後我々が登った反対側から登って来た人達。
                       一人で登ってきた人
                       本当に登山する人が少ない山です。 (^_^;

 

ホームへ  本社ケ丸その2のページへ  ハイキングのページへ