景信山〜ナラコ峠〜姫谷温泉で新年会
           2006年1月14日(土)曇り〜雨
 
             東京地方の天気予報は雨90%となっている。朝起きると雨は降って
             いないので雨具はザックの中に入れて出かける事にする。
             毎年恒例となっている新年会を今年も姫谷温泉でする事になり、
             高尾駅北口からバスで小仏峠まで(220円)乗車 小仏峠から景信山へ
             今年のコースは少しでも展望のあるほうへ行くということで小仏峠
             から入山する事にする。先週の体の不調は改善に向かいまぁまぁである。
             小仏までのバスの登山客は我々のみで貸切状態だ。雨の予報で取りやめた
             人が多いのだろう。昨年の新年会は雪でまるで谷川岳に行った様な大雪
             であった。皆そのときの感激を忘れてはいなかった。
             今年もやはり直行組と登山組に分れて行く事になり7人は登山する事になった。
                    
10:55 雲海

景信山に着くと雲海が素晴らしく
景信でこんな景色を見るのは初めて
のような気がします。富士山は見え
なくても標高2000m位に来たような
景色でした。美味しいおうどんを
食べたいと思って登ってきたが、雨
の予報では茶屋もお休みです。
今年もまた、食べることが出来ませ
んでした。雲海を見ながら軽く食事
にします。5〜6人程が登ってきました。
陣渓園に行くのだそうです。1時頃
出発の予定でしたが、寒いので20分
程で出発する事にしました。
雲海をバックに

いつもの景信と違うので
出発前に記念写真を撮る。
12:03 ツルリンドウ

景信から明王峠の途中で
可愛い実を見つけました。
下りは私が先頭でまき道を
案内します。
12:38 明王峠

明王峠も誰もいません。
やはり雲海が素晴らしいです。
一休みして姫谷に少し早くなる
ことを姫谷温泉に電話を入れます。
Mを先頭に下山開始です。
13:23 ナラコ峠

明王峠のから下り始めて雨が感じられる
様になってきましたが、傘をさすほどの
ことでもないのでのんびりと歩きます。
ナラコ峠の由来
明治、大正にかけて栃谷部落の人は
馬に木炭を三俵づつ両方に負わせ自分も
二表背負ってこの峠を八王子に行き米等を
買いここまで来ると馬を楢の木につないだので
ナラコ峠とついたそうです。
13:42 姫谷温泉到着

直行組はすでに着いて温泉にも入り
私達を待っていてくれました。
雨は姫谷温泉近くなって強く降って
来ました。傘無しではずぶぬれですので
傘をさして下りました。
女性が先に入る事になり、4人で入浴です。
露天風呂も綺麗になり雨の中入りました。
ここは露天風呂の方が内湯より熱いです。
男性も入浴を済ませ宴会が始まります。
宴会

3分スピーチから始まりカラオケで
盛り上がります。楽しい数時間を過ごし
温泉の車で藤野駅まで送って頂きます。
記念撮影

楽しかった宴会も終わり最後に
記念撮影でお開きです。又来年も
揃って新年会が出来るよう健康に
注意して出かけたいものです。
直行組も今年は山へ行くことを
約束してくれたので賑やかな山行と
なるでしょう!!

 

ホームへ   ハイキングのページへ