(730m) (644m)
大月駅〜御前山(厄王山)〜菊花山〜大月駅
2014年5月24日(土)晴れ  

 昨年の5月みなみらんぼう氏が歩いた山・菊花山〜御前山を歩いたのですがその逆を歩きませんか?
 と言う事で行くことになりました。
 菊花山は大月駅のすぐ南側にある為、地元では日が当らないので貧乏山とかバカ山と呼んでいるようです。
 昔は菊花石が採れたのがその由来だそうです



   「交  通」  自宅7:10→JR市川駅7:52発→お茶の水(乗換)8:14着・特快が中止で(中央快速に乗車)→高尾駅9:27発→大月駅10:04着
   「コース」  大月駅10:13→登山口10:50(鳥居のある登山口)→六合目11:02→七合目11:09→八合目11:16→九合目11:23→十合目(厄王山)11:33→
               御前山(厄王山680m)11:56着 12:09発→菊花山(644m)13:28 13:42発→大月駅14:29→高尾(笑笑)→市川駅19:43→自宅20:31

   「Menber」 Mabeさんと私の2人
         御前山(厄王山)へ

                  大月駅から御前山(厄王山)730mまで約1時間43分でした

ご近所の民家に立派なブラシの木があります。
先ずはそのブラシの木を見て出発します。
葉は披針形で互生する。5、6月頃、多数の小花が穂状に集まって咲く。花びら・萼(がく)は小さく
雄しべは50本ほどもあり濃紅色で長く、花穂が瓶を洗うブラシに似ています。オーストラリアの原産
白いブラシの木もあるようですがまだ見たことはありません。
7:12 ブラシの木 フトモモ科ブラシノキ属の常緑小高木
ブラシの木
10:13 大月駅を出発します
10:17 歩道を渡り進みます
10:16 しばらくコンクリートの道を進みます
10:20 岩殿山や扇山・百倉山を見ながら進みます
10:27 三嶋大明神 今日の無事を祈って合掌
10:27 三嶋大明神の鳥居
10:27 再びコンクリートの道を駒橋に向かって進みます
10:33 民家に燕が巣を作っていました 子供が5匹いるようでした
10:35 駒橋の文字が見えてきました
10:36 駒橋
10:36 駒橋をさらに進みます
10:37 厄王山の石碑 この石碑を右折してまっすぐ進みます
10:37 道標 御前山まで約40分とあります
10:37 登山道 コンクリートの道です
10:39 登山道
10:42 オドリコソウ(踊子草)シソ科オドリコソウ属の多年草
花のつき方が、笠をかぶった踊り子達が並んだ姿に似ているのでついた名
オドリコソウ 道端に沢山咲いていました
10:49 登山道
10:14 10:49 道標
10:49 登山道
10:50 厄王山と鳥居に書かれています ここが四合目のようです
10:50 登山道
10:52 登山道
10:54 ウマノアシガタ(馬の足形)キンポウゲ科
10:55 グミの実のような真っ赤な実ですが?
10:55 イカリソウ 葉が沢山ありましたので少し前だったら
もっと沢山咲いていたでしょう
10:57 フタリシズカ
10:58 登山道 
11:02 六合目
11:02 登山道
11:03 登山道
11:04 キンラン(金蘭)ラン科キンラン属の多年草
11:07 登山道 道標に従って進みます
11:09 登山道
11:09 七合目
11:10 登山道
11:12 登山道
11:14 コゴメウツギ 小さい花ですが可愛いです
11:14 登山道
11:14 ミヤマナルコユリ(深山鳴子百合)ユリ科 アマドコロ属 花期…5月〜6月
11:15 道標 九鬼山へも行けるようです
11:15  登山道 鳥居が見えてきました
11:15 鳥居をくぐって進みますす
11:15 登山道
11:16 八合目
11:16 登山道
11:16 マルバウツギ
11:18 ヤブレガサ 蕾を付けてました
11:18 登山道
11:19 登山道 崩落していて注意が必要です
11:20 キンランが笑顔で迎えてくれました
11:21 登山道
11:23 九合目
11:25 登山道
11:25 チゴユリ 花が終わり小さな実を先端に付けています
11:26 登山道
11:28 登山道
11:28 殆どの山つつじは終わっていましたがこれはまだ綺麗でした
11:30 展望 手前は菊花山 後ろには滝子山
11:31 登山道
11:32 登山道
11:33 十合目 厄王権現に到着しました 大きな岩です
11:33 厄王権現 合掌
11:33 後ろには大きな岩です
11:34 展望 三ッ峠も見えています
11:34 登山道 ロープが現れました
11:35 登山道 細く岩の登山道で右側は切れ落ちて危険です
11:37 登山道 気の抜けない登山道が続きます
気の抜けない細い登山道が続きます。
おまけに上から毛虫がぶら下がっているところが随所にあります。
この毛虫に刺されると大変だろうと思われます。
風にあおられて顔のそばまで来ることがあるのでよけて通らなければなりません。
11:40 登山道 注意して通ります
11:41 登山道
11:43 登山道 細い登山道が続きますす
11:45 注意しながらマルバウツギが綺麗なので撮ってあげました
11:47 登山道 ロープを右に跨いだり左に跨いだりしながら慎重に
11:47 コゴメウツギが綺麗でしたよ
11:48 岩につかまりながら登っていてふと顔を上げると気味の悪い
物が目の前にありました 何でしょうか? 毛虫もいます
11:49 登山道 やっと落ち着いて歩ける登山道になりました
11:50 道標
11:50 登山道
11:52 登山道 もうすぐ山頂です 声が聞こえてきました
11:53 登山道
         御前山へ 大月駅から御前山まで約1時間43分でした
                            御前山へ40分とあったところからは1時間19分でした

地図には御前山とありますが 山頂近くの岩穴に厄王権現があり地元では
厄王山と普通に呼ばれているようです。 厄王山の 南面は岩壁で、山頂からスパット
切れ落ちています。山頂は岩で狭いです。
11:57 御前山(厄王山)730m 山頂
12:09 御前山(厄王山)を下山します
12:10 登山道
12:11 道標
12:11 登山道
12:12 登山道
12:13 登山道
11:14 道標
12:17 登山道
12:19 登山道
12:20 鹿避けネット 
12:21 登山道 
12:27 ツクバネウツギ(衝羽根空木)スイカズラ科の落葉低木
花期は4-6月 枝の先端から共通花柄を出し5個の同じ長さの萼片を
つけ、ふつう2花をつけます。
5枚の萼片が残り、羽根突きの羽根に 見える為についた名です
顎は花時には緑色であるがやがて紅紫色になります
12:29 登山道
12:29 ジュウニヒトエ(十二単)自然の物は優しい色をしています
12:34 登山道
12:38登山道
12:43 登山道 木が登山道にはみ出しているので注意して通ります
12:50 登山道
12:58 登山道
12:59 道標 菊花山へ向かいます
13:00 登山道
13:06 登山道
13:08 登山道
13:09 登山道
13:13 登山道
13:16 ホタルカズラ(蛍葛)ムラサキ科ムラサキ属の 多年草
     和名の由来は緑の中に鮮やかな瑠璃色の花が咲く様子を
     ホタルに例えたことからついた名です
13:17 登山道
13:22 登山道
13:23 登山道
13:25 ツクバネウツギ 5枚の顎は緑色をしています
13:26 登山道 岩が現れました
13:27 この岩の向こうが菊花山です
13:28 菊花山(644m)に到着しました
御前山(厄王山)から菊花山まで1時間19分かかりました。
大月駅を出発して御前山(厄王山)により菊花山へは3時間15分でした。
山頂は遮るものが何もないので暑いですが涼しい気持ちの良い風が吹いています。
男性が一人来ていました。先日家族で小仏城山に登った話をしてくださいました。
13:39 菊花山山頂にある三角点
13:40 展望
13:42 菊花山を出発して大月駅に下山します
13:47 登山道
                      菊花山から大月駅まで 47分でした
                      今日の歩きは全行程(休憩も入れて)4時間16分でした
13:49 登山道
13:52 ガマズミ スイカズラ科ガマズミ属 (落葉 低木)
13:52 登山道
13:53 道標
13:55 登山道 ここからはロープや木を頼りに下ります
13:59 登山道 写真ではよくわかりませんが急な登山道です
14:00 登山道
14:04 登山道
14:05 登山道
14:08 金刀比羅宮 合掌 ここまでの登山道は注意して下ります
14:08 登山道
14:12 鉄塔
14:12 登山道
14:12 あざみ とても綺麗な色をしています
14:16 登山道
14:19 金刀比羅神社の鳥居です
14:20 登山口に到着です
14:23 小さな神社 合掌
14:24 大月駅に向かいます
14:29大月駅に到着しました
大月発2時44分の立川行の電車を待っていましたら男性の方が声をかけて下さいました。
携帯の写真を「この人ですね」とおっしゃるので見ると私の写真でした。
昨年菊花山から御前山へ行った時の写真だろうと思うのですが、「参考になりました。
姿がよく似ていたので声をかけました」と言う事でした。
私のホームページを見て下さっている方がいたのだと思うと声をかけて下さってとても
嬉しかったです。とても励みになります。見た方がいらっしゃれば声をかけて頂けると
嬉しいです。ありがとうございました。
立川行の電車に乗車して高尾で下車して【笑笑】と言う飲食店へ行き昼食をとりました。
市川に着いたのが19時43分で市川でバスを待ってわが家に着いたのが20時31分でした。

ホームへ   ハイキングのページへ