奥多摩 御前山 その2(1405m) 2003年2月15日 晴

景信山から独特の形をした大岳山と左側の三角の形をした御前山を望む
非難小屋 14:19

下山を始めてすぐ非難小屋が見えてきます
水が流れているようですが、この水は飲めないようです
大腸菌がウヨウヨしてるそうですよ
カラマツの広場 14:40

20分も下るとカラマツの広場に出ます。

道標 14:47

奥多摩駅に下山します
この角度の急斜面が
ズット続いています
大変歩きにくい道でした
到着地点 15:15

「体験の森」と名付けられてさまざまな
遊歩道が入り組んでいる急な階段が
ずっと続く道を注意しながら下りて
来たが大変歩きにくい道でした
到着したらどこかで少し道を間違えたらしく
予定地ではありませんでした
はたしてここは何処でしょう?
何か変わった建物があります 15:26

植林の人たちが休んでいたので
奥多摩駅は行けますか?と聞くと
I時間くらいで行けるよと言う事です
そして林道に出ました。
そこには車がとまっています
もうアイゼンは必要ないだろうと思って
はずすことにしました
林道にある道標 15:31

山道があることに気づき林道を避けて
行く事にしました
外したアイゼンを又装着する事になりました

栃寄の大滝 15:43

山道に入ると水の音がしてきました
まもなく滝が見えてきました
それほど大きい滝とは思えませんが
もう少し近くまで行く事にしました
石や岩がごろごろして歩きにくいので
途中から写真を撮って引き返します
沢を下ります 15:53

沢沿いに下りますが、何度か 沢を渡り返します。
名もない滝 15:59

まもなく小さな滝が見えてきます
大きな岩の間に水がおちています
ワサビ田 16:15

いくつかのワサビ田があります
ずっと上の方まであるようです
もう少し行くと林道です
ここでアイゼンを外すことにしました
登山道入口 16:28


境橋のバス停からの登山道入口に
やっと到着しました
                    境橋バス停 16:45          86歳のおばあちゃんがやっている店「うみつばめ」
                     橋の中央にバス停があります
                     トンネルを出た所にあるバス停も
                     珍しいのではないでしょうか?

                 時間を見るとまだ45分くらいバスが来るまであります。
                 待っていても仕方がないので次の停留場まで歩くことにしました。
                   次のバス停に着くとまだ時間があるので又次のバス停へと時間を見ながら歩く。
                 約小一時間歩いてバスより早く奥多摩駅に到着しました。
                 が、ちょうど電車が出てしまったのでAさんが数年前、山の帰りに行ったという
                 「うみつばめ」という店によることにしました。
                 86歳のおばあちゃんがやっている店と言う事ですが、行ってみるととてもしっかり
                 した方で数年前に行ったというのに「しばらくだったねえ
                 何年ぶりかねえ」とちゃんと覚えていらっしゃるのです。
                 そして面白い光景を見ました。
                 普段は猫のようにおとなしいのにちょっとお酒が入ると豹変するという人がいて
                 あちこちの店に顔を出して大声を出しています。
                 何処の店も入れてくれないようです。初めての我々は少々ビックリ。
                 でもなれたものでその人が顔を出すと86歳のおばあちゃんはグット睨んで「駄目」と一言。
                 すると又隣の店へ。しばらくすると又戸を開けます。でも黙って睨んでいるとサッと戸を
                 閉めて又次の店へ。
                 今日もまた面白い一日でした。何時又この86歳のおばあちゃんに会えるでしょうか?
                 何時までもお元気でいて下さることを祈っております。
     

 

ホームへ   ハイキングのページへ   御前山へ