愛鷹(あしたか)連峰 越前岳 1504m  2003年3月1日(土)

バスツアーにて(朝日旅行)




雨の予報が当たり参加人数は21名でキャンセルがあったようです。
そのお陰でバスの中はゆったりして雨具をつけたり、スパッツを
つけたりするのに十分なスペースを取ることが出来ました。
いつも思うのですが、バスツアーは40数名という大人数です。
せいぜい20名位くらいがよろしいのではないでしょうか?

【コース】    新宿(バスにて出発)7:30→東名道→裾野I.C→
         須山登山口→愛鷹山荘→富士見台→鋸岳展望→
         越前岳1504m→十里木→御胎内温泉→秋葉原

                【場  所】  静岡県裾野市

【参加人数】 21名(我々グループは5名)

             バス駐車場到着です。 9:35
             東名高速の途中から雨が降り始めました。
             これから林道歩きになります。
舗装された林道を10分あまり
歩くと大きな駐車場に着きます。
駐車場到着です 9:58
駐車場の反対側に山神社入口があります。
ここから登山道に入ります。
愛鷹山荘到着 10:39
途中短い金の梯子が2箇所
あります。あまり気持ちの
良いものではありません。
愛鷹山荘の所にある指導標
3年ほど前からこの山荘は
経営していないそうです
有料トイレ 50円です
トイレがあまりないので
大変助かります(^^)


                    本来はここで昼食の予定だったのですが、雨が降ってるので
                    15分くらい休憩して早く登ることにしました。
                    身体が冷えない内に登ったほうが良いとの判断です。
                    山荘から急坂(たいした坂ではありません)を登ると
                    少し平らな所があります。
                    そこでアイゼンをつけることにしました。
11:05 アイゼン装着。
11:41 鋸岳展望
雨で何も見えませんので
先に進みます
    
  12:33 富士見台に到着です
    途中北側では風がゴーゴーと台風の
    ような音がしています。でも山道は静かです。
    ここでも雨のため何も見えません。
    富士山の撮影に一生を捧げた岡田紅陽が
    何度も撮影に来た場所だそうです
    そして昭和13年に発行された50銭紙幣の図案の
    富士山はここから撮影されたとあります。
    (50銭紙幣は縁がありませんでした)

    お腹もすいてきましたが、我慢です(T-T)
    ここでも小休止、早く越前岳に向う事にします。
    雨で身体が冷えるので少しでも先に進みたい。



13:10 越前岳頂上にて 1504m

                        やっと越前岳頂上に到着です。
                        雨と風で寒くて寒くて・・・ブルブル
                        早々に記念写真だけ撮って下山します。
                        5分も頂上にいたかどうかというところです。
                        天気が良ければさぞ綺麗だったろうと思います。
                        ここの道標には1507mと記されています。
13:15 早々に下山です。
山道は凍っていて雨で解けて水が、 流れていますが下のほうは凍って います。段差の大きい場所があるので 小さな私には少々大変です。 十里木に近くなると山道が 泥んこで田んぼの中を歩いて いるような状態です。 バスの中でやっと昼食です 15:00
14:45 やっと十里木に到着です。
水場があるのでアイゼンを
洗ったりする事も出来ます。
温泉に入りビールでお疲れ様!


                 御胎内温泉は富士山の噴火によって出来たそうです。
                 泉質・・・・アルカリ性単純泉
                 効能・・・・神経痛・筋肉痛・慢性消化器病・冷え性・疲労回復
                 入館料・・・平日大人15時以降 800円
                       休日大人15時以降 1000円

                 今回私の大失敗は手袋にあります。
                 いつも防寒のために手袋は持っているのですが、
                 今回は雨のことをすっかり忘れていました。
                 途中雨のために手袋はビショビショで冷たいこと冷たいこと(T-T)
                 何時の日か天気の良いときにもう一度来てみたいところです。
                 添乗員さんは急登ですと言われましたが、楽なコースでした。

 

ホームへ   ハイキングのページへ