大菩薩 (2057m)

柳沢峠〜丸川峠〜大菩薩嶺〜牛ノ寝通り〜小菅の湯
2018年7月22日(日)〜23日(月)晴
 2011年7月以降は大菩薩に行っておりませんので7年ぶりくらいでしょうか。
 2011年の時は富士見山荘泊まりだったのでその先は行っておりません。
 Kataさんが丸川荘に泊まりたいというので柳沢峠から入ることにしました。
 柳沢峠は春にはいろいろな花が咲くので大好きです。
 なだらかな登山道なので初心者の方も歩きやすいし、苔が美しい登山道です。
 豊田で甲府行と連絡が出来ていたのでその電車に乗り換えて高尾駅でKataさんと合流。
 電車はいつもは登山者さんで混むのですがとても空いていました。
 塩山から柳沢峠までタクシーで行きます。
   「交  通」  自宅6:00→バス6:25発→市川駅6:45発→お茶の水(乗換)7:06着7:09発(中央線快速高尾行)→
              豊田(乗換)→高尾駅8:14着

   「コース」  柳沢峠〜丸川荘〜大菩薩嶺〜牛ノ寝通り〜小菅の湯

   「Menber」 Kataさんと私の2人
10:20 柳沢峠 バイクの人が多いです
10:20 柳沢峠の登山口
10:22 道標 六本木峠を経て丸川峠へ
10:27 登山道
10:29 苔の緑がとても綺麗でした
10:30 ブナの道案内図
10:31 熊注意 クマさん、出てこないでね
10:34 登山道
10:40 道標
10:41 道標 ナラ坂
10:41 ブナの道案内図 現在地ナラ坂です
10:45 登山道
10:50 登山道
10:51 苔 これも苔です


10:55 ブナのみち案内図
10:55 大きなブナの木です ブナ林は良いですね
10:56 ハウチワカエデ
10:57 リョウブ この辺りの木にはこのように名前がついています
10:57 登山道
11:03 登山道
11:07 登山道
11:10 道標 梅ノ木尾根
11:10 道標
11:10 ブナのみち案内図
11:11 ブナの林 いいですね
11:15 登山道 梅ノ木尾根を出発します
11:17 登山道
11:19 苔の道 岩に苔がついて素晴らしい景観です
11:20 登山道
11:21 木道
11:23 登山道 大きな岩を乗り越えて
11:24 登山道
11:24 苔
11:26 登山道
11:25 パノラマで撮ってみました
11:28 登山道
11:31 登山道
11:31 登山道
11:33 登山道
11:34 登山道
11:36 六本木峠に到着です 柳沢峠を出発して
苔を楽しみながら歩く事1時間10分程です
11:36 六本木峠に立つ道標
11:38 六本木峠を出発します
 後ろから来た3〜4人のパーティーは鶏冠山方面に向かいました。
 鶏冠山は2度ほど行ったことがありました。
11:43 登山道
11:43 登山道
11:47 登山道
11:49 登山道
11:51 登山道
11:54 登山道
11:54
11:55 登山道 
11:57 登山道
11:59 登山道
12:03 苔 種類が多いですね
12:05 登山道
12:07 ハナホウキタケ
12:08 登山道
12:13 登山道
12:17 登山道
12:23 登山道
12:29 フモトスミレの葉があちこちに沢山ありました
12:30 登山道
12:31 天庭峠に到着です
12:35 天庭峠はこんな感じです
12:37 ホツツジ
12:37 水分補給をして天庭峠を出発します
12:37 登山道
12:40 登山道
12:42 苔
12:45 登山道
12:49 登山道
12:50 登山道
12:53 寺尾峠に到着です
12:53 寺尾峠は登山道の一部のようで峠と言う感じはありません
12:54 登山道
12:56 登山道
13:02 登山道
13:05 登山道
13:07 登山道 こんなに沢山岩苔の道があったかしらと
思いながら歩いています
13:10 苔
13:10 登山道
13:15 登山道
13:16 登山道
13:17 登山道
13:19 登山道
13:21 丸川峠に到着です 柳沢峠を出発して
ゆっくり写真を撮りながら2時間55分でした
13:22 道標
13:22 お地蔵様
13:22 丸川荘 久しぶりに訪れました
ウマノアシガタ
ヤナギラン
 昔丸川壮に来始めた頃は小屋の前に沢山ヤナギランが咲いていました。
 それが今では全然見られません。
 丸川壮の小屋の横にロープで保護している場所に咲いていました。
蝶とあざみ
コウリンカ(紅輪花)キク科の多年草
コウリンカを見ると今は天国に旅立ったSinjiさんを思い出します
カニコウモリ(蟹蝙蝠)キク科の多年草
ヤマホタルブクロ
シモツケソウ
エンレイソウ 花は終っています
キバナノヤマオダマキ 
ヤナギラン
チダケサシ
オニシモツケソウ(鬼下野)バラ科の多年草
ロープで囲いをしています 花が咲くようになったそうです
富士山がうっすらと姿を現しました
ストーブの煙がいい感じです ホイル焼きを作っているようです
食事の用意をするTadakiさん
今日の宿泊者は7人です 配膳の用意をしています
大菩薩から下って来た二人連れの女性の一人の方が、私を見て「あざみさんですよね」と
声をかけて下さいました。「そうです あざみです」と答えると「いつもホームページ見てます」と
言って下さいました。こんな所でホームページを見て居て下さる方にお会いできるとは嬉しいです。
「参考になりますか?」と尋ねると「詳しく出ているので参考になります」との事。
ホイル焼き・混ぜご飯・ゴマ豆腐・味噌汁など皆美味しかったです
食事風景 女性が多いのでバルサミコ酢を使ってるとか
材料は何とか言ってました
最初は我々二人だけだったそうですがその後7人になったそうでTadakiさんも作りがいがあった
と思います。まして材料は何を使ってるとかいろいろ話をしていたので良かったのではないでしょうか。
混ぜご飯はおこげが美味しいとお変わりをしていました。
7人の宿泊者は二人連れの女性が2組・一人の男性・我々二人の7人です。
男性は前から丸川壮のことが気になっていて初めて泊まるのだと言ってました。
ホイル焼き・混ぜご飯・ゴマ豆腐・味噌汁など皆美味しかったです
食事風景 女性が多いのでバルサミコ酢を使ってるとか
材料は何とか言ってました
17:59 入道雲
18:34 少し色が変わってきました
夕食後Tadakiさんが写真を撮る私に「入道雲に夕日が当たると綺麗だよ」と声をかけて下さいました。
1時間くらい夕日で赤く染まるのを待ちました。でも最後は入道雲が崩れて赤くなりました。
夕食前に夕立がありました。ザーという物凄い雨で下がこんなのは序の口だと言う事でした。
あっという間に夕立は通り過ぎて行きました。
18:53 入道雲が崩れて空が赤くなっていきました
19:01 月と赤く染まった空
丸川壮はランプの宿です

大菩薩二日目のページへ

ホームへ   ハイキングのページへ