奥武蔵 棒ノ嶺(棒ノ折山) 969m
                      2005年3月5日 (土 晴のち雪)


 バスツアーを利用して月1回ハイキングをしていますが、3月はツアーでは
 なく自分達で棒ノ嶺に行こうと2月に入笠山に行った時に計画しました。
 が、金曜日に雪が降ったので中止する事になったとの電話がリーダー
 から入った。「中止ですか」と言う私の声が残念そうに聞こえたらしく
 電話で話しているうちに「有志だけで行きましょう」と言う事になった。
 改めて皆に連絡を取って頂いた。私の友人から「週末は何処へ?」と
 メールが入り「棒ノ嶺」と返事すると参加表明がきたので一緒に行く事に
 なり、メンバーは7人となった。


  【Menber】 リーダーMaさん Doさん Iさん Eさん Niさん Haさん 私の7名

  【 コース 】   登り:飯能駅→→さわらびの湯→有馬ダム→白谷沢登山口→岩茸石→ゴンジリ峠→棒ノ嶺
          下山:棒ノ嶺→ゴンジリ峠→岩茸石→滝ノ平尾根→相生橋→さわらびの湯→→飯能駅
  
 標高差約700m
 雪があるので
 時間を掛けて
 ゆっくり進む
  
9:36 さわらびの湯を出発
 飯能駅からバスに揺ら
 れてさわらびの湯で下車
 トイレを済ませストレッチ
 をし、元気に出発
 帰りのバスの時刻表を
 確認して歩き始めます
 リーダーのMaさんが
 下見をして下さっている
 ので安心して出発です 
9:59 白谷橋
  有馬ダムに掛かる橋を
  渡りきると白谷沢登山口
  登山口のところに白谷の泉
  あり美味しい水が飲めます
  登山道の標識を右に見なが
  ら進みます   
10:10 登山道
  緩やかな檜の登山道を行く

  歩き始めて20分ほどで
  岩の道に変わる 10:30→
  
10:38 沢を渡る
  6〜7月頃はカジカカエルの
  鳴き声が聞こえるそうだ。
  岩が多くなり石の上を何度も
  渡り返す。小さな滝がある。
  藤懸ケの滝・天狗ノ滝・
  白孔雀の滝と3つの滝が
  あるというが、小さな滝
  ばかりだった。
        10:56 鎖場→
  雪があるので大変そうに
  見えるが注意して登れば
  大丈夫な鎖場だった。
  
11:03 林道
  沢と分かれて階段を
  上ると林道にでた。
  林道大名栗線である。
  水場あり。
  ここで少々休憩する。
  岩茸石・棒ノ嶺の道標。
  12:00出発する
  今まで誰にも会わなかったが
  トレースがついていたので
  迷うことはない。
12:07 岩茸石
 下の方には名栗湖が見える。
 この岩を右に折れ進むが
 急登である。
 凍った上に雪が積もったので
 滑りやすい。アイゼンをつける
 ことにした。体調が良くない
 人もいたのでゆっくり進む。
  
12:25 マンサクの花
  黄色い花が彼方此方に目につく
  ようになった。遠めには何の
  花なのか判断できない。
  今頃咲くのはマンサクか
  ダンコウバイ又はアブラチャン
  位だろう。
  やっと近くで見ることが出来
  マンサクの花とわかった。    
13:14 棒ノ嶺山頂  969m
  12:50に権次入峠に到着
  ここまで来るまでに2人
  のパーティーが3組と
  1人の人に会っただけ。
  権次入峠からはもうすぐ
  山頂が近い。
  山頂には子供連れの親子と
  一人の男性が食事をしている。
  山頂は広くて東屋がある。
  お腹がすいているので先ず食事
  が先で景色は後からだ。
  東屋の側のベンチで食事にする。
  陽がさしていて暖かい。
  
 
13:22 食事
 食事中は風もなく暖かかったが
 食事が終わる頃になると風が出て
 きて雲行きが怪しくなってきた。
 寒くなってきたので下山を急ぐ
 事にする。  
14:21 急登を下る
 元来た道を下る。
 下り始めると雪が降り
 始めた。
 登りより下りの方が
 注意が必要なので
 慎重に下る。
14:25 岩茸石に到着
 下山はこの石の裏側を
 廻り山道を下る。
 地図で見ると3回林道を
 横切る事になる
   
 
14:41 1回目の林道
  林道に到着
  ここでアイゼンを
  はずす
  河又へという道標に
  従って林道を横切り
  登山道へ。
   15:04 2回目の林道
  下山路の道標に従い
  林道を横切り登山道へ
   
 
15:15 ウスタビガ
  先日高尾でお勉強した
  ウスタビガが目に付いた。
  高尾に行かなければきっと
  素通りしたことでしょう。

  15:31 どろどろの山道→
  滑って転ぶと洋服も
  どろどろになりそうな
  登山道を下る。そろそろ
  暗くなり始める
  アイゼンを外したので皆
  滑って転んだ
   
 
16:21 相生橋
  滝ノ平尾根をひたすら下る。
  やっと民家が見えてきて
  赤い橋を渡る。
  やがてさわらびの湯が
  見え始める。
  16:28 さわらびの湯→
  やっとさわらびの湯に
  到着。ちょっと時間が
  掛かりすぎたのでゆっくり
  湯に浸かる時間が少ない
  が汗だけ流して出る事に。
  バスの時間が迫っている。
  
 
19:59 飯能で反省会
 リーダーが予約を入れておいて
 下さったのでゆったり反省会を
 することが出来ました。
 中止しなくてよかったと皆楽しい
 山行きでした。又次の楽しみも
 見出すことが出来た一日でした。

ホームへ  ハイキングのページへ