秋田駒ケ岳
              2007年7月21日(土)雨・22(日)曇り


            カンガルーの末端に名を連ねているので夏の合宿に今年は秋田駒ケ岳に
            決まり参加することが出来ました。最初は早池峰山に行く予定だったが
            調査の結果秋田駒ケ岳に変更となった。どちらも花で有名な山である。
            秋田新幹線の乗る時間が決まっていたので個別に切符を購入して乗車し
            ました。大宮から乗る人、東京から乗る人とそれぞれでした。
            秋田駒ケ岳は花の山としても有名で楽しみにして行きました。
            1日目は生憎雨で雨具をつけての登山となってしまいました。
            2日目は2コースに分かれる事になり、乳頭山組4名・森吉山組7名です。
             「コース」
    1日目(21日) 
         市川駅8:06発→東京駅8:25着・8:56発・こまち9号→田沢湖11:58着→
         駒ケ岳八合目行きバス12:15発→8合目13:19着・13:26発→片倉岳13:57→
         阿弥陀池14:46着→横岳分岐15:11→ 焼森山頂1548m15:30→8合目駐車場16:25発→
         アルパこまくさ16:50→プラザホテル別館四季彩17:06(宿泊)
    2日目(22日)
         森吉組:四季彩8:07出発→田沢湖8:20着→ゴンドラ10:35→森吉山登山口10:54着
         石森山頂11:31着→森吉避難小屋11:43着・11:51発阿仁駐車場12:40着→角館食事14:28着→
         角館駅15:24→角館散策→田沢湖18:00→田沢湖駅18:45→駅周辺で反省会→田沢湖駅20:11発
         こまち34号→東京駅23:10着・23:37発着(快速)→市川23:56駅着
「Member」 M上さん夫妻・H本さん夫妻・T永さん夫妻・M倉さん・M山さん・S籐さん・K下さんと私の11人
   第1日目(21日)雨
12:15 駒ケ岳八合目行きのバスに乗車
 東京駅から私は14号車、他の人達は13号車
 仙台で大勢の人が下りたのでS籐さんの席に移動。
 田沢湖駅に到着して八号目行きのバスに乗車する。
 下車する頃には外は雨。バスで雨具の用意をする。
13:26 八合目に到着
 雨具をつけて傘をさして出発する。
 少し行くとオニアザミやミヤマハンショウズルが
 咲いているので早速雨の中カメラを出して撮る。
 ツアーの人達が下山してきてT永さんに声がかかる。
14:33 ニッコウキスゲの群生
 登山道には次から次へと色々な花が咲いていて
 写真を撮るのに忙しい。雨でガスっているけれど
 黄色いニッコウキスゲの群生が現われて歓声が沸く。
14:53 阿弥陀池
 阿弥陀池で先に行った皆が待っていてくれた。
 木道を歩きながらも沢山の花に目を奪われる。
 ヨツバシオガマ、イワイチョウ、チングルマなど
15:03 雪渓
 阿弥陀池でピークは諦めて池の南側を
 歩きオノエランなどを見ながら進むと
 阿弥陀池小屋がガスの中から薄っすら
 見える。下のほうを見ると雪渓が残って
 いるのが微かに見える。
 男岳(おだけ)1623mと男女岳(おなめだけ)
 は行っても展望はないので今回は諦める。
 急な坂を登ると「横岳分岐点」である。
15:11 横岳分岐点

 男岳0.8km 横岳0.2kmと書かれた
 道標がたっている。
 この辺りにもミヤマハンショウズルや
 イチヤクソウが咲いている。
  
15:17 横岳 1538m
  横岳分岐から5〜6分ほどで横岳に到着。
  写真を1枚撮って下山する。ほどなく広い砂地に
  なる。ロープが張られていてポツリポツリとコマクサ
  が現われる。あった。あったとマタマタ写真に夢中。
  イワブクロも咲いているが黄色いタカネスミレはない
15:30 焼森 1550m
  始めてみるエゾツツジが咲いている。
  シャクナゲコースといわれているだけあってあちこちに
  シャクナゲノ花も咲いて楽しませてくれる。
  登山道は歩き難い石がゴロゴロと敷き詰められた道が
  続く。転ばないようにと注意して下る。
15:46 沢を歩く
  長い岩のゴロゴロした上を歩くと滑りやすい
  登山道になる。蛇行しながら下ってくると小さな
  沢を歩く。やがて八合目が見えてきて皆が待っている。
16:58 宿の迎えの車
  八合目で最終の17時のバスより一つ早い16:25分の
  バスに乗ることが出来た。アルパコマクサで下車。
  宿まで歩き予定だったがT永さんが電話で交渉して
  迎えに来てもらった。それが正解で歩くと4kmも離れて
  いて大変な事になっていたようだ。
17:06 プラザホテル山麓荘別館四季彩
  宿に着き5部屋に分かれて早速温泉に入る。
  熱めのお湯で24時間入浴可能。
  雨と汗に濡れた体を熱めのお湯で洗い流して夕食だ
18:40 夕食
  和室の部屋に集まり乾杯で始まる。
  名物のきりたんぽ鍋等が出て賑やかに夕食。
きりたんぽ鍋
デザートのスイカ
21:14 団欒
  夕食後別の部屋に集まり再び飲み会
  ちょうどサッカーをテレビでやっていて
  応援しながら飲み、食べ、良くしゃべり
  楽しいひと時を過ごしたのであります。
   第2日目(10日)雨・曇り
7:23 朝食
 7時30分に朝食。お粥とあきたこまちの
 ご飯が美味しく昨日飲んだ体にはとても
 良い朝食でした。健脚組は乳頭山4名
 我々は花と観光に7名とに分かれる。
 我々はゴンドラで上がり森吉山へ。
8:20 田沢湖駅
 8:10に宿の車で田沢湖まで送って下さった。予約していた
 レンタカーを借りる。足を挫いた人が出て2台借りようとし
 たが車がなく違うレンタカーに電話して借りることが出来た。
 
10:35 阿仁スキー場のゴンドラ
 ゴンドラで分程で森吉山登山口へ。
 天気は時折青空も広がる様子を見せる。
 10:54 森吉山の案内板
11:05 木の根っこの登山道
 ゴンドラを下りて急坂を登ると
 切り株を敷き詰めた登山道に入る
 11:22 沢山の花に魅せられて
 登山道にはツマトリソウやハクサンシャジン
 ゴゼンタチバナ、クルマユリ、ゼンテイカ
 11:28 ホシガラス
 鳥が飛んだと思ったら木に止まったので
 望遠で撮ってみる。尻尾に白い色がある。
11:31 石森山
沢山の花を愛でながら歩きやすい登山道を進むと
石森山に到着する。角館駅にT永さん夫婦は
先に帰るので時間が余りありません。避難小屋まで
行く事にしました。
11:43 森吉神社避難小屋
小屋の中にはトイレもあるようです。小屋の廻りには
大きな二段重ねの岩がありミヤマホツツジが咲いてい
ます。時間が気になるので元来た道を引き返します。
森吉山を望む
ここから眺める森吉山はなだらかな美しい山でした。
いつか又秋田駒ケ岳も森吉山も登ってみたいなぁ!
再びゴンドラに乗り駐車場まで下りますが途中素晴ら
しいジャケツイバラを見ることが出来ました。
こんなに見事なジャケツイバラは初めてでしたが何しろ
動いてるので写真には撮れませんでした。ピンボケでした
ゴンドラの中は暑くてうちわがおいてあります。

そろそろお昼時でお腹もすいてきました。探しながら
レンタカーを角館に向けて走らせるのですがなかなかお店
が見つかりません。途中カンガルーのメンバーだった人の
いとこがフランス料理店をやってると言う事で電話して
食べさせてもらう事になりました。
14:28 フランス料理店へ
魚と肉の2コースに分かれます。
美味しく頂きました。
15:11 食事を終えて
時間外でも会ったのに無理をお願いして作って頂き
ました。満足して角館駅に向かいます。
    
15:24 角館駅
風情のある建物です。でも人があまりいません。
角館は「なまもろこし」が美味しいと言う事なので
お土産に買う事にしました。
角館武家屋敷を観光
今は桜の季節ではないのであまり観光客はいません。
桜の木などが物凄く大きくて花が咲くと素晴らしい
だろうと実感しました。
16:35 角館にて
武家屋敷を見学し、桜の花の咲いてる景色を
想像しながら何時までも残しておきたいと思い
ましたが、維持していくのも大変なことだろうと
思います。

角館でT永さん夫婦と別れて我々は田沢湖へと
戻ります。途中たつこ像を見たいので寄る
事にしました。
18:00 たつこ像
田沢湖は水深423.4mで日本一の深さを誇る
湖です。黄金に輝くたつこ像が立っていました。

田沢湖が田沢潟と呼ばれていた頃、まれに見る
美しい娘がいました。辰子と呼ばれていました。
辰子はその美しい姿を永久に保ちたいと思い
百日百夜の願いをかけ、満願の夜に「北に
湧く泉の水を飲めば願いがかなう」とお告げがあり
泉に来て手にすくい飲むとなぜか喉が渇くので
飲み続けた。気がつくと辰子は大きな竜になった。
辰子の母は娘の帰りを案じ田沢潟に着き竜になった
事を知り悲しみ、松明の投げ捨てるとそれが魚に
なって泳いで行った。後に国鱒と呼ばれ田沢湖に
しか生息しなかった木の尻鱒という。

十和田湖を南祖坊に追われ、男鹿半島に八郎潟を
つくり主となった八万太郎は、毎年秋の彼岸の頃
田沢湖に恋人の辰子を訪ねて冬を過ごす為、主の
いない八郎潟は凍りつき、2人の竜神が住む田沢湖
は凍らない湖とされているそうです。
    
19:21 居酒屋にて
田沢湖駅でレンタカーを返す事になっていたが
ガソリンスタンドが4件ほど言ったがどこも開いて
いない。仕方がないのでお金で支払おうと話をする
と1件だけ開いているのでそこで入れた方が得だから
と教えてくれた。1時間くらい飲む居酒屋はないかと
訪ねると電話して下さった。先日岩木山に登った時
も暖かい気持ちにさせられたのでした。
紅の豚という物で美味しかったです。
20:05 田沢湖駅ホームにて
1時間ほど飲んで食べて満足して店を出る。
山の帰りの人たちもいたけれど地元の人たちが来る
お店のようでした。方言でおしゃべりしていて我々
には通訳が必要でした。でもわからないけどこちらの
言葉は良いですね。
  秋田駒ケ岳と森吉登山道で出会った花
 
ハクサンシャクナゲ
ツバメオモト
タニウツギ
イワオトギリ
イワイチョウ
エゾシオガマ
 
ハクシャンシャジン
ヨツバシオガマ
タカネアオヤギソウ
コマクサ
イワブクロ
エゾツツジ
イチヤクソウ
ミヤマハンショウズル
ギンリョウソウ
ウサギギク
ハクサンチドリ
ヨツバヒヨドリ
ガクウラジロヨウラク
ゴゼンタチバナ
ツマトリソウ
ミヤマホツツジ
ミヤマカラマツ
クルマユリ
チングルマの綿毛
マルバシモツケ

                 先月岩木山に登り今月は秋田駒ケ岳に登る為続けて東北に
                 来ることが出来て、沢山の花に出会えて又東北の方の優しさにふれ
                 楽しい夏であった。これからも急がずのんびりと楽しい山登りを
                 楽しみたいと思っています。雨が降って展望も望めず残念でしたが
                 又機会があればもう一度登って見たいと思っています。
ホームへ   ハイキングのページへ