2899m
                     2004年10月24日 1日目 晴れ

                    八ヶ岳の最高峰、赤岳へ行く事となりました。
                    今でもそうですが、私が赤岳へ行けるなんて思ってもいませんでした。
                    ヤッホー登山隊と知り合えたことは私にとって本当に嬉しいことです。
                    JR西国分寺駅南口に朝6:35分に集合して出発ですが、途中少々渋滞に
                    あいましたが、たいしたこともなく美濃戸口に到着しました。

「コース」
          1日目:美濃戸口→赤岳山荘(茶屋)→北沢経由で赤岳鉱泉(泊)
          2日目:赤岳鉱泉→行者小屋→地蔵尾根で赤岳展望荘→赤岳山頂→
               文三郎尾根で行者小屋→南沢経由→赤岳山荘(茶屋)→鹿の湯(入浴)

「Member」 ヤッホー登山隊
          金子隊長 かずっち かおりさん 第一力蔵さん 私(5名)
 9:05 美濃戸口

 美濃戸口に到着すると八ヶ岳山荘
 があります。駐車場に車を泊め
 2日分を支払いします。
   登山計画書を八ヶ岳山荘の所に
 ある投函場所に提出します。
 身支度を終え紅葉した林道を
 のんびりと赤岳山荘に向けて
 歩きます。
 途中林道をショートカットして
 進みます。   
 10:23 赤岳山荘に到着

 紅葉の景色を楽しみながらのんびり
 歩いたので予定通り1時間ほど
 歩いて到着です。
 赤岳山荘に到着して中に入ると
 常連さんらしい男性が2人ほど
 ストーブの所で飲んでます。
 早速我々もビールを注文。
 後で後悔する事になるのですが・・
 飲んだ後は卵丼を頂きお腹一杯に
 なり、あぁ〜、飲まなきゃ良かった
 と言う事になってしまいました。
 お土産に買おうと思っていた野沢菜は
 今年はまだ浸かってないと言うことで
 あきらめました。   

11:34 美濃戸山荘

赤岳山荘で1時間ほど
休憩をとり11:27分頃
出発しました。10分程で
登山口に到着します。
美濃戸山荘を眺めながら
先に進みます。
美しい沢を眺めながら
ゆっくりと進む事に。
飲んでお腹一杯になり
すぐ歩くとキツイものが
あります。

11:37 八ヶ岳周辺案内図

 登山口 左に進むと北沢、
 右に進むと南沢経由で
 我々は左の北沢経由で
 行者小屋へ向かいます。

12:00 苔道
  岩や木に苔がつき美しい道を
  進みますが、岩がゴロゴロして
  歩きにくい道です。

  沢を何度も渡り返しながら 13:14
  進みます。
  途中、丸木橋や木道を渡り
  美しい紅葉を愛でながら歩き、
  河原で一休みしたりのんびり
  ムードです。
13:49 大同心と横岳
   大同心と小同心が見えてきました。
   この時点では小同心はまだ小さく
   形がよく分かりません。

   上空には捜索のヘリが飛んで
   いました。   
14:30 赤岳鉱泉に到着

 標高2340m南八ヶ岳では
 唯一通年営業の山小屋。
 ベッド個室や設備も充実。
 個室を予約していたので
 「りんどう」の部屋へ
 案内してくれました。
 暖かそうな布団が綺麗に
 収まっていて嬉しくなります。

 
15:53 檜のお風呂
 3時からお風呂タイム
 なので早速檜のお風呂に
 入ります。山でお風呂に
 入れるなんて何と幸せな
 ことでしょう!!
 夕食はビーフシチュー 17:37
 隊長が来たときはカレー
 ライスだったそうです。
 若いスタッフが5人位いました

                          嬉しいお風呂を済ませ夕食を頂いている時、地震がありました。
                          2度ほど揺れを感じましたが、翌日になって新潟地震だと知り
                          ました。下山してから大変な事になっていることを知りました。
                          本当に痛ましいことで心よりお見舞い申し上げたく思います。
                          部屋へ帰ってからもう1度揺れを感じました。
                          部屋で宴会が始まりました。ウイスキー、焼酎、梅酒、など
                          飲むこと、飲むこと。色々話題は尽きません。

 

赤岳2日目のページへ  ホームへ   ハイキングのページへ