雨降山(1177m)権現山(1311.9m)扇山(1137.8m)                      2005年6月26日 (日) 晴れ

  【交 通】 市川5:50発→御茶ノ水乗換6:13(中央特快)→高尾駅待合せ7:05着7:25発(小淵沢行)→上野原駅下車7:54着
          バス8:28発→初戸(はど)下車
  【Menber】 Soさん・Aさん・Saさん・Oさん・Yaさんと私の6名

  【 コース 】 初戸9:02→雨降山11:22着11:31発→すみれの丘11:35→オオムレ権現12:11→権現山12:20着(昼食)
         権現山発12:50出発→扇山15:12着15:34出発→林道16:32→鳥沢駅17:22

 
初戸バス亭  9:02着

 バスを下りてからわかり
 難いので指導票に注意して
 進みます。
 バス停にはトイレがありま
 せんので上野原で済まして
 おく事をおすすめします。
 バスを下車し前方に進み
 右カーブして初戸橋
 渡ります。
  
9:04 分岐
 初戸橋を渡り直進すると
 上に行く道と下に行く道
 の分岐になりますので
 下の道に進みます。
 下の道の突き当りを左折し、
 民家に入っていくような
 感じです。民家に「権現山」
 と書かれた道標があります。
9:05 橋を渡る

 民家の道標を過ぎると
 網ネットの策があり
 橋を渡ります。
 渡りきると竹林が現われ
 美しい風景が見られます。
 ここまで来ればもう道に
 迷うことはありません。     
10:47 コアジサイ
  橋を渡り登りにかかると
  小さな小さなギンリョウソウ
  が現われました。
  桧の林を登って行くと
  固い蕾を持ったイチヤクソウ
  が見られます。やがて緑の
  美しい雑木林の間を行くと
  コアジサイが良い香りを
  漂わせています。再び桧林の
  登山道にはヤグルマソウ
  顔を出します。  11:18→
  
11:22 雨降山 1177m

  尾根を登りきると
  雨降山に到着。
  鉄塔がたっている。
  用竹方面から来ら
  れた方が2人いる
  だけでここまで来る
  のにバイクの4人
  に会ったきり
  10分ほど休憩して
  権現山に向かう    
11:35 すみれの丘
  5月3日ごろ見頃と書かれている。
  きっと素晴らしいスミレが
  見られるのでしょう。
  ここは和見からの道が合流
  するところでもあります。  
 
11:40 ヤグルマソウの花

  1本だけヤグルマソウ
  の花が咲いていました。
11:52 コアジサイの群生
  コアジサイが群生して
  良い香りが漂っています。
  小さな花が寄り集まって
  いるのでとても美しく
  見る角度により薄紫又は
  白色にも見えます。
     
11:53 シダ

  やがてシダが群生して
  いる登山道になります。
  
 
12:01 ヤセ尾根
 シダの群生している
 所を過ぎるとヤセ尾根
 に出ます。両側桧の木
 があるので怖さはありません。

 ヤセ尾根を過ぎると
 王勢籠(オオムレ)神社が
 見えてきます。お参りして
 左に回りこみ坂を登ります
  12:11 オオムレ権現
  

12:20 権現山 1311.9m
 予定では12:10に到着だったが
 体調が朝から悪くゆっくり
 歩く事になってしまい10分
 ほど遅れたがまぁまぁと
 言うところでしょう。
 今の季節山頂は小さな
 虫が多くてゆっくり食事
 するどころではない。
 山頂には数名の人がいる
 程度だった。早々に下山
 することにする。
 Saさんのビデオには虫の
 姿がはっきり映し出される
 ほど沢山の虫がいました。  
                           
12:20 山頂
 あまりの虫の多さに
 30分ほど食事時間を
 とり早々に下山して
 扇山に向かう事にする
 私の体調も少しは良く
 なったので大丈夫だろ
 うと思われる。どんどん
 雑木林を下る。   
13:27 サイハイラン(ラン科)

高さ30〜50cmになる多年草
5〜6月に林の中や木陰の少し湿った所に
咲きます。花色は紅紫色か緑色。
花の穂を、戦国時代の大将が戦の時に
指図に使った采配(さいはい)に見立てて
采配蘭の名がつきました。


 前を行くAさんから「珍しいのがあるよ」
 と声がかかりそばに行くと始めて見る花
 でした。先日景信に行ったときOさんと
 Yaさんに偶然会い、「6号路で珍しい花を
 見たよ」と教えて下さり是非見たいと思って
 いたのですが、「これよ、この花よ」と言う
 ことで見ることが出来て嬉しくなりました。
 今度6号路を通るときは注意して見たいと
 思っております。 
13:52 蝶
 浅川集落と扇山の分岐に出ました。
 10分ほど休憩して扇山に向けて
 出発です。
 ヒラヒラと大きな蝶が飛んでいるので
 近寄ってみるとアサギマダラです。
 写真は無理でしたので違う蝶を
 撮りました。14:05出発です。
 雑木林の登りが続きます。
 AさんとSaさんはどんどん先を
 行きますが、私とSoさんとOさんは
 ゆっくり登ります。又ヤセ尾根に
 出ました。    
 
15:12 扇山山頂

 急登の所にはコアジサイの群生
 があり美しい景色です。頭上が
 明るくなりました。扇山に到着
 です。山頂は数人がいるだけで
 太陽を遮る物がないのでとても
 暑いです。広い山頂にはアザミ
 の花が沢山咲いています。
 以前来た時は違う方向から来た
 ので感じが違って見えます。
 大きなヤマボウシの木があり
 真っ白い花が咲いています。
 余りの暑さに山頂から木陰に
 移る事にしました。     
 
15:38 分岐
 15:34扇山を出発しまもなく
 扇山・鳥沢駅・百蔵山の分岐
 に出ます。鳥沢駅に下ります
 途中つつじの群生地があるら
 しく手製の案内板があり、細
 い道が左についている所があ
 りました。ジグザグの道をど
 んどん下ります。
      16:02 最後の水場→
 男性は顔を洗ったりサッパリ
 出来て羨ましい。女性が顔を
 洗ったら「どなたですか?」
 と言われかねない事が起こりそう
     
 
16:14 蝶?

  小さな蝶だか蛾だか判らないが
  私のズボンに止っている。
  水を飲んだ人もいたけれど
  体調の良くない私は飲むのは
  諦めた。サッパリして下山開始。
       16:15 下山開始→
  暗い道をどんどん下る。
  
 
16:31 休憩舎
 ここにはトイレもあります。
 以前百蔵山・扇山に行った時
 に見た場所でした。
      16:32 扇山登山口→
 ここから舗装道路がまっている
 と思うとウンザリする。
  

                        舗装された道路はゴルフ場をグルッと巻いている。
                        途中舗装道路を右に下る細い道があるのでその道を
                        下ると梨木平扇山の指導票の所に出ることが出来る。
                        しかし、又舗装道路を延々あるく事になるのである。
                        途中畑で仕事をしている人に鳥沢駅への道を尋ねたら
                        先に行く男性人とは違う道を教えてくれたので駅に着くのが
                        行き違いがあった。
17:22 鳥沢駅

  やっと鳥沢駅に到着する。
  だが、男性達はまだ着いていない。
  行く所は相模湖のかどやと決まって
  いるので先に行ったのだろうか?
  なんて言いながら切符を買いホームに
  出ようとしている所に現われた。
  途中で待っていてくれたらしい。心
  優しい男性人に感謝!感謝!
 

                         百蔵山・扇山に2004年2月に行った時も体調が良くなくフーフー
                         言いながら登った記憶がある。今回もダメでいささか情けない。
                         あまり良くなければ途中で下山ということも考えていたけれど
                         ゆっくりではあるが、リタイアしないで登れた事にホッと胸を
                         なでおろす。一緒に言った方々に感謝します。
                         コアジサイの清楚な姿、サイハイランという珍しい花に出会える
                         ことが出来、そして初参加のSaさんとも楽しい山行でした。
                         体調を整えて次回を楽しみに待つ事に致しましょう。

ホームへ  ハイキングのページへ