小さな春を探して!
6号路→富士見台地→一丁平→小仏峠→景信山→明王峠→相模湖 
 2004・2・28 晴

             ハナネコノメの花が咲き始めましたと言う情報をkoyataさんやAiさんから頂いたので早速
             高尾山口から6号路を行くことにしました。
             相変わらず高尾山口はたくさんのハイカーで賑わっています。
             稲荷山コースへ行く人が殆どでした。
             6号路にはまだ少し早いけれど可愛い花が咲いていました。
             6号路を入ってすぐの所に先ずユリワサビの白い小さな花が
             私たちの目を楽しませてくれます。
             早速カメラのシャッターを押しますが、小さいのでなかなか上手く撮れません。
             そしてハナネコノメが可愛い花を咲かせています。
             でもまだ早いようで来週辺りがちょうど良いかもしれません。
             写真は来週もう一度挑戦しようと思います。
             2002年の3月10日にこのコースでハナネコノメとユリワサビの花の写真を撮りました。
             お昼ごろまでは富士山が綺麗に見えておりましたが、景信山についた頃はもう、
             綺麗な姿は隠してしまった。今年初めて鶯の歌声を聴いた。
 

カンアオイ(カントウカンアオイ)
                                カンアオイ(ウマノスズクサ科)

                          常緑多年草。葉の表面は平たく、濃緑色。晩秋から早春にかけて径2pほどの
                          花を地際につける。関東山地が主産地。葉は冬でも枯れない。

                          カンアオイはいつか見たいと思っていた。
                          6号路と稲荷山コースの分岐の所でカンアオイの葉が
                          あるのに気づいていたので、時期的にちょうど咲いているかなと
                          探してみたら葉の陰に隠れるように咲いていた。
                          色も地面と同化するような色であまり綺麗とはいえないけれど、
                          初めて見ることが出来て嬉しくなった。


              ダンコウバイの木と蕾                     
                    小仏峠からは40分位で景信山につくことが出来た。
                    青木茶屋につくと青木さんが、「息子は今日は子供のお遊戯会に言ったんだよ。」
                    と言われて奥さんと二人だった。
                    景信山の下のほうの青木茶屋につくと、小屋の前で手を振っている
                    ご夫妻がいた。先日会って初めてお話をしたご夫婦だった。
                    ご一緒することにして、温かかったので外で飲むことにした。
                    少しすると風が冷たくなったのでストーブの所へ移動することにした。
                    花の話などしていると先日一緒に百倉山・扇山へ一緒に行った
                    Aさんがやってきた。
                    茶屋の広場のダンコウバイが沢山の蕾をつけている。
                    もうすぐ綺麗な花を咲かせてくれることだろう。


            ご夫妻は先に下りていかれた。相模湖に住んでいるというご夫妻が
            登ってこられた。色々話をしているうちに会ったことがあるということで
            話が盛り上がり、楽しいひと時が過ぎていった。
            明王峠に一緒に下りることになった。巻き道巻き道と下山するので道も
            ぬかるんでいる所を通らないですむのでらくだ。
            ゆっくり時間をかけて相模湖までおり、いつものようにかどやへ。
            懐かしい顔、顔、顔。しばらく会わなかった人たちにも会う事が出来
            楽しい一日出会った。

                              かどやより帰りの電車にて                                   
                       

   


ホームへ   ハイキングへ