2003年1月2日・3日の大菩薩 丸川峠
  2日(木)晴れ・3日(金)小雪

裂石から直登コース



丸川峠より眺めた夕方の富士山 2日4時30分

                2003年という新しい年になりました。
                先ず大菩薩の丸川峠からの登山となりました。
                今年も沢山の山登りが出来ることを楽しみにして登ることとします。

[コース]    JR市川駅→高尾駅→塩山→バス(10:27発)大菩薩峠登山口行き(100円)→終点登山口下車
        →徒歩→丸川峠分岐→登山道入口(丸川峠を経て大菩薩峠へ)→丸川峠                

             
  ←塩山駅に到着です。

  今回はバスで行くことにしました。
  駅前から大菩薩峠登山口行きの
  バスに乗り終点で下車します。
  バスはどこまで行っても
  100円なのです。
  
塩山駅
11:27発

             
  舗装された道を登山口入口まで
  歩きます。
  その前に昼食を取る事にしました。
  Tさんの家に寄り、庭の角を寸借
  その家の前から南アルプスが
  正面に見ることが出来ます。
  左から聖岳・赤石岳・悪沢岳など
  そして家の周りの木には
  シジュウカラが飛び交っています。
  
聖岳・赤石岳・荒川岳12:10
シジュウカラ 12:20
 ←お昼も頂いたので出発です。
   丸川峠分岐の所に何台かの車が
   駐車しています。
   皆ここに車を止めて登ります。
   今は車はここで通行止めです。

     石がごろごろしている所 →
     などを通り「丸川峠を経て
     大菩薩峠へ」と道標のある
     所から登山道です。
裂石 12:40
登山道入口 13:00
 ←いよいよ登りです。
   雪がどの位あるのかわかりません。
   登り口は土が見えている位で
   あまりありません。途中歩く所は
   所々凍っている所はありますが、
   雪は殆どありませんでした。
   アイゼンは必要ありません。
   白樺平と名付けている所に
   到着です。ここでいつも一休み。
   みかんでのどを潤します。ここで
   3分の2位のところでしょうか。
白樺平 13:25
ブナの木 13:50
                     昨年はカンチョーの木と名付けているところが凍っていて
                     大変だったのでそこがどのようになっているか心配でした。
                     が、凍ってなくて心配することはありませんでした。
                     これから先は大きな岩があり段差も大きいのでちょっと
                     大変ではありますが、アイゼンも必要ありませんでした。
                     殆ど丸川峠に着く頃に雪が積もっている状態でした。
   
←この頃になると「アッ もうすぐ峠だ」
  と歩く足も速くなる感じです。

     やっと丸川荘に到着です。
     HさんとSさんが出迎えてくれます。
     Sさんは30日から山に居てHさんは
     1日から山に来ていました。
     
丸川峠 14:56
丸川荘に到着 15:00

 

ホームへ  2003年丸川峠その2へ  ハイキングのページへ